【2020年 ホームルーター利用者数ランキング】テレワークで一番オススメのサービスはどこ?

ここ2、3年前から、工事不要ですぐネットが利用できる「ホームルーター 」が普及してきましたよね!

今年 2020年4月にはコロナウイルスの影響もあり、急にテレワーク(在宅勤務)になった人も多く、すぐにネットが使えるホームルーターの利用者も一気に増加しました。

「これからホームルーターを使ってみたい」人もたくさんいますよね。

今回は、ホームルーターの人気ランキングを紹介しつつ、

実際にわが家で使った感想(メリット・デメリット)を詳しく解説していきます!

まずモバイル通信のリサーチ会社「MMD研究所」の『インターネット通信回線の実態調査』を元にした、【2020年5月 ホームルーターの利用者数ランキング】はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

利用者数ランキング
第1位:ソフトバンクエアー
第2位:WiMAX HOME
第3位:Speed WiFi HOME
第4位:NEXT mobile
その他:5.2%

利用者数だけで言えばソフトバンクエアーが圧倒的に多く7割近くをしめています。ついで「WiMAX HOME」、「Speed Wi-Fi HOME」で、両方WiMAX系のホームルーターで3割となっています。

これらの人気ホームルーターであれば、超カンタンに、快適にインターネットが利用できます。

実際に両方試してみて、ソフトバンクエアーにすることにしました。動画もSNSもサクサク見れるし、おまけにデータ容量無制限!

時間を気にせずネットを使うならソフトバンクエアーで間違いありません!

✅ 販売数No.1 ソフトバンクエアー。新規契約で30,000円キャッシュバックがもらえるお得な申し込みページはこちら⬇︎⬇︎⬇︎

2020年【ホームルーター利用者数ランキング結果】テレワークで一番オススメのサービスはどこ?

ホームルーター利用者ランキング

まずは調査の概要

2020年【ホームルーター利用者ランキング発表】人気3機種を徹底比較!
調査概要
調査会社 MMD総研(モバイルマーケティングデータ研究所)
調査タイトル 在宅勤務における自宅のインターネット通信回線の実態調査
調査内容 新型コロナウイルスの影響での勤務形態、自宅で加入しているインターネット回線について聴取
対象者人数/年齢 全国の20歳~69歳のビジネスパーソン34,994人

調査結果の全体まとめ

調査結果によると、「テレワークをしたことがある」、「現在している」、「テレワークと出社を並行している」と答えた人は、34,994人中11,781人でした。

東京都内では労働者人口の半数がテレワークをしていると言うニュースもありましたが、調査結果を見ると全国的にはテレワークをしている人は3分の1ぐらいのようです。

11,781人に現在利用しているネットサービスについて聞いたところ光回線は6,649人、ホームルーター は666人、モバイルルーターは994人でした。

在宅勤務者11,781人のネット回線
光回線:6,649人
ホームルーター :666人
モバイルルーター:994人

このうち、コロナウイルスの影響で新規契約・乗り換えた人が光回線では7.3%、ホームルーターでは15.0%、モバイルルーターでは14.3%でした。

わかりやすく言うと11,781人中、コロナウイルスの影響で光回線を契約・変更した人は485人、ホームルーターを契約・変更した人は99人、モバイルルーターを契約・変更した人は139人でした。

ホームルーターの利用者数ランキング

ホームルーターに絞ってランキングをした結果は以下の通りでした。

先に結論から言うと「1位 ソフトバンクエアー」「2位  WiMAX HOME」「3位 Speed Wi-Fi HOME」です。

WiMAX HOMEとSpeed Wi-Fi HOMEは端末が違うだけでほぼ同じサービスなので、もうちょっとわかりやすく言うと

ホームルーターの利用者の全体の6割が「ソフトバンクエアー」、3割が「 WiMAXのホームルーター 」と言う感じです。

2020年【ホームルーター利用者数ランキング結果】テレワークで一番オススメのサービスはどこ?

■ 利用しているインターネット回線:ホームルーター (n=1,740)※上位5サービス
SoftBank Air:66.6%

WiMAX HOME:17.9%
Speed Wi-Fi HOME:11.3%
NEXT mobile:2.1%
その他のホームルーター :5.2%

引用:MMD総研『在宅勤務で新たに自宅のインターネット回線を契約した割合、光回線は7.3%、ホームルーターは15.0%、モバイルルーターは14.3%

それぞれのサービスの特徴、メリットデメリットなどを解説していきます!

ホームルーターって何?
従来、自宅用のインターネットといえば「固定回線(光回線/ADSL)のことでした。これはプロバイダーを決めて、NTTにネットの開通工事を依頼。開通まで1ヶ月ほどかかるネットでした。料金も5,000円以上と高額です。

しかしホームルーターは新規契約をして本体機器を受け取れば、それをコンセントに入れるだけで自宅ですぐにインターネット(WiFi)が使えます。月額も光回線(固定回線)より1,000円前後安い、3,000〜4,000円代で利用できる簡単で安いネットとして人気です。

利用者数第1位のホームルーター「ソフトバンクエアー」

サービスの特徴

・通信速度:最大962Mbps
・データ容量:無制限
・月額:3,800円
・回線:SoftBank 4G/LTE
・特典:SoftBank/Y!mobileのスマホ代月額最大1,000円割引・新規契約で30,000円キャッシュバック

✅ 販売数No.1 ソフトバンクエアー。新規契約で30,000円キャッシュバックがもらえるお得な申し込みページはこちら⬇︎⬇︎⬇︎

2020年【ホームルーター利用者数ランキング結果】テレワークで一番オススメのサービスはどこ?

利用者数第2/3位のホームルーター「 WiMAX HOME」「Speed Wi-Fi HOME」

WiMAX HOMEとSpeed Wi-Fi HOMEは両方「WiMAXのホームルーター 」です。

月額、通信回線などはどちらも同じですが、WiMAX HOMEよりSpeed Wi-Fi HOMEの方が新しいモデルになるので、通信速度が速くネットにつながりやすいです。

サービスの特徴

・通信速度:最大440Mbps
・データ容量:無制限
・月額:4,263円
・回線:WiMAX 2+/au 4G LTE
・特典:au利用者最大1,000円割引/UQモバイル500円割引、新規契約で26,200円キャッシュバック!➡︎詳細はこちら

2020年【ホームルーター利用者数ランキング結果】テレワークで一番オススメのサービスはどこ?
サービスの特徴

・通信速度:1Gbps
・データ容量:無制限
・月額:4,263円
・特典:au利用者最大1,000円割引/UQモバイル500円割引、新規契約で26,200円キャッシュバック!➡︎詳細はこちら

ソフトバンクエアーと WiMAXのホームルーターを両方使ってみた結果

2020年【ホームルーター利用者数ランキング結果】テレワークで一番オススメのサービスはどこ?

ソフトバンクエアーを使った感想、メリット・デメリット

SoftBank Airを使うときに追加で必要な物ってある?利用者が内容物(付属品)を大公開!かんたん接続ガイドも

<付属品>①本体②LANケーブル③ACアダプター④SIMカード(挿入済)

ソフトバンクエアーのメリット

ズバリ「使い放題」なところです。NetflixやYouTube、SNSを長時間見るような人は絶対コッチ!

WiMAXの場合は、3日10GB以上使ってしまうと速度制限でネットがノロノロになるんですが、ソフトバンクエアーはどれだけ使っても問題なし!

ぼくは自宅で仕事もしているし、動画を1日3時間以上、長い日で5時間以上見たりするので、使い放題は本当に助かります!

通信速度に関しては、口コミでも賛否両論。ぼくの家ではスムーズに使えましたが、場所によってはネットが遅と言う人もいると思います。

ただ、ソフトバンクエアーでは本体を受け取ってから1週間以内なら返品(クーリングオフ)することができるので、使って満足できなければキャンセルしましょう!

期間内であれば無条件にキャンセルできます。

➡︎ソフトバンクエアーお試し利用の窓口はこちら

さらに、新規契約特典として30,000円のキャッシュバックがもらえるのもでかいです!

➡︎キャッシュバックの詳細はこちら

ソフトバンクエアーのデメリット

ズバリ「ダウンロード・アップロード」がちょっと遅いです。

ダウンロードとは映画をスマホに保存すること、アップロードはスマホアプリのアップロード(更新)や写真・動画投稿などです。

SNSへの投稿ぐらいならほとんど気になりませんが、アプリのアップロードとかは時間がかかるので寝てる時に行っています。

WiMAX HOMEを使った感想、メリット・デメリット

SoftBank Airの利用者がSpeed WiMAXをレンタルし、比較してみた!通信速度や3日間10GBの速度制限について解説!

<付属品>①本体(SIMカード挿入済)②LANケーブル③ACアダプター④説明書

WiMAXのメリット

WiMAXのメリットはズバリ「ネットがめちゃくちゃ速い」ことです!

マジで固定回線レベルに速かった!

なぜならWiMAXはauが開発した独自のWiMAX回線を使っているからです。

ソフトバンクエアーでは基本的にSoftBankのLTE回線を利用しています。スマホの利用者やワイモバのポケットWiFiなどと共有することになるので、夜間はネットにつながりにくくなるときもあるんですが、 WiMAXはずっと爆速です。

WiMAXのデメリット

ソフトバンクエアーのメリットでも少し触れましたが、WiMAXのデメリットは「速度制限」です。

公式サイトでは「使い放題」と書かれていますが、実際には3日で10GB以上使うと速度制限にかかってネットにつながりにくくなります。

動画の読み込みが遅かったり、写真が全然見れなかったり・・・。

実際に使った感想としては、仕事とプライベート、両方で使うのは危険かなぁと言う印象です。

動画見過ぎて速度制限になり、、、、仕事に支障が出たら困りますよね。ドラマが途中で見れなくなるのも嫌だし。

大体NetflixやAmazonプライムは1時間で1GBくらいなので、1日2時間以上動画を見るような人はやめておいた方がいいです。

ただ、そこまでネットを使わない人なら、WiMAXで十分!ライトユーザーで、ネットの速さにこだわりたい人にはもってこいです。

➡︎27,400円キャッシュバック!WiMAXのお得な申し込みはこちら

まとめ:ホームルーターランキングNO.1ソフトバンクエアーで間違いない!

冒頭でも解説したように、ホームルーターの利用者の7割近くは「ソフトバンクエアー 」を利用しています。

ぼく自身、ソフトバンクエアーを1年半利用しましたが、かなり便利でしたよ!

SoftBank・Y!mobieのスマホ代が最大1,000円安くなるのも何気にありがたかったです!

ぼくが契約したときは店舗や公式サイトではなく、キャッシュバックがもらえるキャンペーンサイトからにしました。

新規契約特典として、30,000円のキャッシュバックがもらえるのでめちゃくちゃお得です!

⬆︎25歳以下なら月額2,880円!