ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているの?快適にネットが使えるのか解説します!

ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているの?快適にネットが使えるのか解説します! SoftBank Air

WiFi通信規格である「WiFi6」も登場し、それに対応したルーターやデバイスも増えています。

では「ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているのか?」気になっている人もいると思います。

まず結論から言うと、
ソフトバンクエアーはWiFi6には対応していません。

WiFi6の高速インターネットが使いたい場合は、光回線にしなければなりません。

さらに、ネットだけではダメで、WiFi6に対応したスマホやパソコンも必要になります。

つまりネットも、家電も、スマホも全て変更しなければ、WiFi6を活用することはできません。

(※WiFi6の対応機種は、iPhone11proなどの最新・ハイスペックな機械だけ)

これだと10万円以上必要になりますが、8K動画が見たい、動画編集がしたいなど、どうしても高速インターネットが使いたいなら止めはしません。

ただ、ネット、動画、SNSがサクサクみられれば良いのならソフトバンクエアーでも十分です。

WiFi博士
個人的には今はWiFi6については無視してOK!

2、3年後、商品やサービスが揃い、安くなってからまるっと変更するのがオススメです!

✅ すぐに使える高速インターネット

🔺今なら30,000円キャッシュバック🔺

ソフトバンクエアーはWiFi6に対応している?

カスタマーサポートに確認をとってみたところソフトバンクエアーはWiFi6に対応していないことがわかりました。

実際にぼく自身ソフトバンクエアーを利用していますが、WiFi6に対応していません。

ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているの?

WiFi6非対応でも大丈夫?

ソフトバンクエアーは、WiFi6には対応していません。では実際のところ通信速度はどうなのか?遅いの?速いの?

シンプルにいうと、誰にとっても速くて快適に使えるとは言い切れません。

なぜならソフトバンクエアーはソフトバンクのLTE回線を利用した通信機器です。

ぼく自身、実際にソフトバンクエアーを1年半使っていますが、通信速度に関してはスマホでインターネット見るのと同じぐらいだと思います。

なのでスマホでネットを使っていて、速度に不満がないという人であれば特に問題なく利用できると思いますよ!

一方、スマホでネットをするとき遅いと感じたり(だから改善したい)、写真や動画などを1度に大量に投稿したい人だと遅いと感じてしまうと思います。

ざっくりいうと仕事でパソコンを使ったり、動画やネットを見る程度の人であればソフトバンクエアーでも十分。テレワークでビデオ通話も今のところ問題なくできています。WiFi6非対応ですが特に問題ありません。

ただし、オンラインゲームや超高画質動画を楽しみたいヘビーユーザーの人はソフトバンクエアーでは不十分。WiFi6のネット環境がオススメです。

ソフトバンクエアーってどう?

まず快適にインターネットを利用するなら、5Mbps以上の通信速度が必要と言われています。

5Mbps以上あれば、高速ネット通信が必要な動画サービスも快適に視聴できるからです。

ぼく自身、1年半ソフトバンクエアーを使用していますが、昼間はだいたい30〜50Mbps、ネットが混雑する夜間は5Mbps〜10Mbpsぐらいです。

平日は正直言って余裕。

たまに、金曜や土曜の夜間などは遅くなるかな?という程度です。

遅くなるときは、高画質で動画見ていると2時間に1回ぐらい動きがイメージです。気にならない程度かなと思います。

WiFi博士
ぶっちゃけ一般的なネット利用者ならソフトバンクエアーで十分です!開通工事なしで、すぐにネットが使えるのが最高!個人的にはめっちゃ気に入っています!
ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているのか

自宅のソフトバンクエアー (1年半利用中)

 

✅ すぐ使える高速ネット回線

🔺今なら30,000円キャッシュバック🔺

WiFi6って何?

2020年に入ってからWiFi6が普及してきています。

WiFi6を簡単にいうと、回線が速くて安定している。さらに複数台(人)でシェアしても通信速度が遅くなりにくい通信規格、です。

そもそもWiFiとは?

以前、WiFiは「無線LAN」と呼ばれていたのをご存知でしょうか?この無線LANという言葉を理解すれば、WiFiのことがよくわかります。

LANとは「LOCAL AREA NETWORK」の略称です。LOCALはシンプルに「自宅」です。

つまりLANとはあなたの家の中の通信ネットワークを意味しています。

有線LANは下の図のように、電波を受信する装置であるモデムとパソコンなどのデバイスをLANケーブルでつないだ状態です。

ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているの?
WiFi博士
LANケーブルでつないだ方が電波が安定しやすいって言われているよね。ただ、ケーブルが届く場所でないとパソコンができないし、スマホやタブレットでは接続できないってデメリットも。。。さらにケーブルって見た目も悪いから、無線にしてすっきりしたい!という人が多いよね。

無線LAN(WiFi)接続はモデム・ルーターとパソコンなどのデバイスを電波(無線)でつないだ状態です。

ソフトバンクエアーはWiFi6に対応しているの?
WiFi博士
無線だから家のどこにいてもネットが使えるのがいいよね!ケーブルがないと見た目にも綺麗だし!

WiFi6とは?

上で解説した「無線LAN(WiFi)接続」の通信規格の一つであり、最新版なのがWiFi6です。

新しくなるほど一度に送れるデータ量が増えて、通信速度が増すんです。表にするとこんな感じです⬇︎⬇︎⬇︎

規格 最大通信速度
WiFi4 600Mbps
WiFi5 6.9Mbps
WiFi6 9.6Mbps
WiFi博士
スマホの3G→4G→5Gと徐々にネットが速くなりますよね?
それと同じで、
WiFi4→WiFi5→WiFi6へと進化してネットが速くなっているって考えてください。

WiFi6の特徴としては、通信規格として新しく、通信速度が安定している。さらに複数人(台数)の機器と接続してもネットが遅くならないという優れものです。

WiFi6の規格とは?

WiFi6という通信規格をもう少し詳しく説明します。

まず自宅でWiFiを接続する場合、基本的には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類の規格を利用することができます。それぞれ特徴があります。

  • 2.4GHz帯
    電波が壁や床などの障害物に強い。しかし通信速度は遅め
  • 5GHz帯
    電波が壁や床などの障害物に弱い。しかし通信速度は速め

どちらもメリット・デメリットがありますよね。ぼく自身は時間帯や用途に合わせて切り替えたりしています。

しかし、WiFi6では、2.4GHz帯と5GHz帯の両方を活用することができるんです。

WiFi博士
通信速度が速くて、電波も安定してるためネットがサクサク使いやすい!

WiFi6の利用方法は?

先に結論からいうと、WiFi6を利用するためにはお金と手間がかかります!

なぜなら、WiFi6対応のルーターとデバイスの両方が必要になるからです。

わかりやすくいうと、WiFi6対応のルーターは家電量販店で売っていますが、価格的には3〜4万円です。

さらにデバイスに関しても、スマホならiPhone11など最新の機種でないとWiFi6に接続することができないんです。

ルーターとデバイス、両方をWiFi6対応に変更すると、10万円近く(もしくはそれ以上・・・)費用がかかる可能性があります。

まとめ

このページのポイントは以下の通りです。

  • ソフトバンクエアーはWiFi6に対応していない
  • WiFi6に対応しているポケットWiFiはまだない(2020年5月現在)
  • WiFi6を使うならそれに対応したルーターとデバイスが必要。ルーターは3万前後するし、デバイスはiPhone11のような最新版でないとならない(つまり費用がかかりすぎる)
  • 動画、SNS、テレワーク(ビデオ通話)など、一般的なネット利用ならソフトバンクエアーで十分

WiFi6は魅力的なサービスですが、今のところ安く、すぐに活用できる方法がありません。

また、一般的なネットの利用者であればソフトバンクエアーでも十分ネットが活用できますよ!

コロナウイルスの影響で、どのポケットWiFiも売り切れ、納品遅れが続出していますが、ソフトバンクエアーは大丈夫!

申し込みから1週間前後で本体が到着しますよ。しかも電源を入れれば速攻で使えるという手軽さ!

✅ すぐ使える高速ネット回線

🔺今なら30,000円キャッシュバック🔺