【徹底比較】どんなときもWiFiと限界突破WiFiはどっちがお得?ライバル・類似サービス対決!

どんなときもWiFiと限界突破WiFiはかなり類似したサービスになっています。

なので結論から言ってどちらを選んでも損することはありません。

両方とも速度制限がないデータ使い放題だし、スマホ並みにエリアが広く、電波が安定しています。評価が高く、人気のサービスですよ!

極端な話「飽きがこないデザイン」とかで選んでもいいと思います笑

ただ、一つだけ注意があります⬇︎⬇︎⬇︎

限界突破WiFiで支払い方法を「口座振替」にすると20,000円の初期費用がかかります!!!

どんなときもWiFiであればクレカ払いも、口座振替も初期費用は3,000円の事務手数料だけです。「口座振替」で支払おうとしている人は迷わず「どんなときもWiFi」にしてください。

⬇︎ 口座振替の人はこちら
どんなときもWiFi公式サイト

どんなときもWiFiと限界突破WiFiのサービスを比較

どんなときもWiFi 限界突破WiFi
月額 3,480円 3,500円
初期費用 3,000円 無料
※口座振替の場合:手数料20,000円
2年間の合計額 86,520円 84,000円
データ容量 無制限 無制限
端末代 無料レンタル 無料
通信速度 150Mbps 150Mbps
キャリア docomo, au ,SoftBank docomo, au ,SoftBank
連続利用時間 13時間 15時間
SIMカード クラウドSIM クラウドSIM
支払い方法 クレジットカード・口座振替  クレジットカード・口座振替
解約 0〜12カ月目で解約/19,000円
13〜24カ月目で解約/14,000円
25カ月目/無料
26カ月目以降/9,500円
0〜12カ月目で解約/10,000円
13カ月以降無料
運営会社 株式会社グッド・ラック 株式会社Xmobile

どちらのサービスもデータ使用量無制限。

さらにdocomo、au、SoftBankの回線が使えるので、スマホが使える場所なら大概利用できます。また、使う場所・時間に応じて最適な電波を利用できるので、通信速度も安定的。

結論として、サービス品質はほとんど同じです。

「限界突破WiFi」の方が、2年間利用した場合に2,520円だけお得ですが、これだと決め手にはなりませんよね。。。

とはいえ、料金やスペック以外でもメリット・デメリットがあるので詳しく解説していきます。

限界突破WiFiのメリット・デメリット

限界突破WiFiのメリットといえば、何と言っても「端末が無料でもらえる」ことです。

どんなときもWiFiも無料レンタルなので端末代はかかりませんが、レンタルなので解約時に返却が必要です。

限界突破WiFiの「返却しなくていい」というのは心理的な負担も少ないので、大きなメリット。

料金面で言うと、今申し込むと初期事務手数料5,000円が無料になります。

また、解約料も12ヶ月間以内の解約だと10,000円かかりますが、それ以降は無料です。解約時の負担が少ないのもメリットですよね。

なのでコスパだけで考えると「限界突破WiFi」のほうがおすすめです。

➡︎限界突破WiFiの申し込みこちら

ただし!デメリットは支払い方法を「口座振替」にすると初回の手数料として20,000円がかかることです。

【料金比較】どんなときもWiFiと限界突破WiFiはどっちがお得?ライバル・類似サービス対決!

初期費用でこれだけかかるのは異例です。運営側としてはクレカの方がお金の管理がしやすかったり、本人確認の手間が省けるのでメリットが多きことが考えられますが、、、これは高すぎる。

⬇︎ 口座振替の人はこちら
どんなときもWiFi公式サイト

どんなときもWiFiのメリット・デメリット

さきにデメリットからいうと、限界突破WiFiの項目でメリットの反対です。

端末を返却しないといけないこと」と「初期費用3,000円かかること」ですね。やっぱりコスパを考えると「限界突破WiFi」にしたくなりますね(それでも全然いいと思います!)

どんなときもWiFiのメリットは明快です。

知名度が高いことと、運営母体がしっかりしているという安心感です。

どんなときもWiFiの運営会社は「株式会社グッド・ラック」ですが、運営母体が「株式会社オールコネクト」です。オールコネクトは、資本金5億円の大企業で数多くのグループ企業を持っています。

今田美桜さん、佐藤二朗さん主演のTVCMをバンバン売っているくらいなので大企業ですよね。

このCMがツボるんです笑 結局「どんなときもWiFi」の契約しちゃいました!

また、親会社のオールコネクトはモバイルルーター事業の老舗的な存在なので、申し込みや利用後のカスタマーサポートがしっかりしています。

インターネットサービスは、利用開始後も料金の支払い、電波の不具合など困ることもあるので、すぐに質問/相談ができるカスタマーサポートの存在は重要です。

「公式サイトのチャット相談」「Twitterのお客様サポート」「申込者専用の受付窓口」「お客様サポートサイト」など、いろんなサポートがあります。実際に電波で質問しましたが、丁寧に、わかりやすく応えてもらえました!

Twitterで困りごとをつぶやくと公式お客様サポートが返事をくれたりします。

最近では比較的小規模な会社がモバイルルーター事業に乗り出してきていますが、大手に比べるとカスタマーサポートが劣る傾向です。(人材の数、教育体制など)

実際、「限界突破WiFi」のカスタマーに電話してサービスに関して聞いたら、若手の方が出て、まわりの先輩に聞きながら答えている感じでした・・・。申し込みでつまずきそうだなと心配になりました。

⬇︎ 安心して使えるサービスがいい人はこちら
どんなときもWiFi公式サイト

まとめ

「どんなときもWiFi」か「限界突破WiFi」か。選ぶポイントは以下の通りです。

  • 料金面だけを考えるなら若干「限界突破WiFi」のほうがお得。解約時の負担が少ない、端末無料プレゼントはメリット
  • ただし、限界突破WiFiは口座振替にすると初期手数料で20,000円かかる。「どんなときもWiFi」は初期費用は3,000円。なので、口座振替の人は迷わず「どんなときもWiFi」
  • 申し込みや利用後のサポートを重視するなら大手企業が母体の「どんなときもWiFi」
  • コスパ重視の人は「限界突破WiFi」(※支払い方法はクレカの場合)

個人的には、口座振替がよかったので迷わず「どんなときもWiFi」になりました。また、どんなときもWiFiのCMで見て知っていたため安心感もありました。

ただ、「どんなときもWiFi」はかなり人気があって、私が契約した2019年11月末でも在庫が心配でした💦これから申し込む人はお早めに!

✅ 在庫あり!売り切れ前に申し込みを!
➡︎どんなときもWiFi公式サイト

✅ 今なら初期費用無料!申し込みはお早めに!
➡︎限界突破WiFi公式サイト