SoftBank Air(ソフトバンクエアー)って5Gに対応している?非対応でも大丈夫なの?

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)が5Gに対応しているのか、気になっている人も多いですよね。

まず結論から言って「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」は5Gに対応していません。

ただし、現時点で5Gについて考える必要はまっくないので安心してください。

なぜなら、5Gの利用エリアが拡大するには2、3年はかかると言われいるからです。

野村総合研究所でも「5Gスマホの利用者は2025年で半分程度」と予測されています。

5Gについては3、4年先に考えれば十分ですよ!今、SoftBank Airを購入しても問題ありません!

このページのまとめ
・5Gの利用は開始されたが、利用エリアが狭い
・2022年〜2023年にかけて利用エリアが広がる予定
・5Gのスマホの普及は、2025年に半分程度(野村総合研究所の予測)
・5G開発で先行するアメリカでも苦戦

✅ 結論:今、5Gについて考える必要はまったくありません!


5Gの現状とこれから

SoftBankが、2020年3月27日より5Gの商用サービスを発表しました。

またSAMSUNG(サムスン)やシャープからも5G対応のスマホが発売されるなど、5G通信への注目が高まっています。

これから徐々に5Gの電波も、5Gに対応した機器も増えていくと考えられます。

しかし、期待とはうらはらに普及するのには時間がかかりそう。Yahoo!ニュースの記事(産経新聞より転載)ではこんなことが書かれていました⬇︎⬇︎⬇︎

  • 当初は限られた場所での限られたサービスにとどまる。
  • 野村総合研究所は、5G対応の携帯電話端末の販売が令和3年度の時点で全体の1割未満、過半を超えるのは7年度と、緩やかな普及になることを予測する。

引用:Yahoo!ニュース

ポイント限られた場所というところです。

5Gが限られた場所でしか使えない理由

5Gは4Gに比べて電波の飛ぶ範囲が狭いと言われています。日経新聞の記事ではこのように書かれています。

5Gは現行の4Gに比べて電波の飛ぶ距離が短い。従来は1つの基地局で半径数キロメートルをカバーすることもあったが、5Gでは半径800メートル程度しか飛ばない場合もある。

引用:日本経済新聞公式サイト

基地局の整備に時間と費用がそうとうかかるんです。いつ、どこまで普及するかについては、2020年〜2021年(令和2~3年)は限られたエリアで高速通信ができる「エリア限定期」、

2022年〜2023年(令和3~4年)は「エリア拡大期」とされています。

5Gに関しては2023年以降、様子を見て検討すれば十分です。(それでも早いかも)

冒頭で解説した通り

✅ 現時点で「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」を購入したとしても全く問題ありません。申し込みはこちら⬇︎⬇︎⬇︎


4Gから5Gの切り替わりについて

2年先、3年先など、長期的に使っていきたい人は、

「早めに開発が進んで、SoftBank Airが使えなくなるんじゃ・・・」

なんて心配もありますよね。

ただ、結論から言って問題ありません。

4Gから5Gに変わるときも、いきなり4Gが使えなくなるわけではないからです。

たとえば今でも3Gって接続できますよね。ADSLも使えています。

同じように、5Gになってからもしばらく4Gがつながると言われています。

SoftBank Airは5Gに対応していませんが、

5Gが普及した後でも利用できるので、長期的に使う人も安心してくださいね。

まとめ

このページのポイントをまとめると、以下の通りです。

  • SoftBank Airは5Gに対応していない。しかし、現時点では5Gについて考える必要なし!
  • 利用エリアの拡大まで2、3年はかかる。普及はもっと先だから
  • 5Gは4Gと比べて電波の飛ぶ距離が短く、基地局の整備に膨大なお金と時間がかかる

結論として、今すぐSoftBank Airを購入してもまったく問題ありません。

✅ 今ならキャンペーン中で30,000円のキャッシュバックがもらえます!すでに購入を決めている人はお早めに!詳細はこちら⬇︎⬇︎⬇︎