どんなときもWiFiはSoftBankの電波しかつながらないって本当?au、docomoはつながらないのか?

「どんなときもWiFi」はSoftBank回線しかつながらない、なんて口コミを見て実際どうなのか気になりますよね?

私自身「どんなときもWiFi」の利用者ですが、たしかにSoftBankに接続することが多いです。これはSoftBankの基地局が多く、利用エリアが広いからです。

とはいえ、口コミ100件以上調べましたが、au回線につながった人はけっこうたくさんいたし、少数ですがdocomoもいるので、複数キャリアの回線が利用でき、いつでもネットが快適に使えるのは間違いありません。

実際に使っていてもかなりネットが速くて便利だし、口コミでもかなり評価が高かったです。

✅ どこでもネットが速くて快適!
▶︎どんなときもWiFi公式サイトへ

どんなときもWiFiはSoftBank回線以外にも接続できるの?

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの3回線の電波に利用するサービスです。本当に、3社の回線に接続できるのか?カスタマーサポートに問い合わせた結果が以下の通りです。

どんなときもWiFiって、SoftBank回線ばかりつながるみたいですが、どうなんですか?
SoftBankの利用エリアがかなり広いので、つながりやすいということはあるかもしれませんね。それでは足りない、遅い場合にはdocomoやauの回線で補完できるわけなので、ご安心ください!
運営会社ってどこ?
「どんなときもWiFi」は、株式会社グッドラックという会社が運営しています。グットラックは、ブロードワイマックスやモバレコAirなどを取り扱う、WiFiサービスの大手「ALL CONNNECT」という会社の子会社です。

SoftBank回線以外につながった人っているの?

Twitterの口コミを見たところ、SoftBankの回線以外につながっている人も結構いました。

いつでも一番速い電波につながる
▶︎どんなときもWiFi公式サイトへ

誰も知らない?どんなときもWiFiがネットが速い理由

上記の通り、「どんなときもWiFi」はdocomo、au、SoftBankの3回線が利用できます。

さらに、それらの電波を受信しやすいシステムを取り入れています。

ルーターの中には、動作に必要な「頭脳」ともいうべき「チップセット」という部品が入っています。こんな感じのもの⬇︎⬇︎⬇︎

【比較】どんなときもWiFiとネクストモバイルはどっちがいいの?実際に使って比べてみた!

どんなときもWiFiでは、クアルコム製の「チップセット」を使っています。このクアルコム製のチップセットは、アップルやサムスンを抜いて世界No.1のシェアがあります。

クアルコム製のチップは通信速度を速くしたり安定させる高品質なものなので、どんなときもWiFiはいつでも快適にネットが使えるんです。

実際SoftBank回線を使っているポケットWiFi「NEXTmobile」と、同じくSoftBank回線につながりやすい「どんなときもWiFi」を比べたところ、圧倒的に「どんなときもWiFi」の方がネットが快適でした!(左:どんなときもWiFi・右:NEXTmobile)

【比較】どんなときもWiFiとネクストモバイルはどっちがいいの?実際に使って比べてみた!
どんなときもWiFi NEXTmobile
渋谷駅前 26.1Mbps 1.11Mbps
渋谷駅構内 30.6Mbps 1.0Mbps
新宿駅構内 20.1Mbps 0.29Mbps
山手線
(渋谷駅〜新宿駅)
平均13Mbps 平均1.0Mbps
自宅 平均25Mbps 平均8Mpbs

チップセットも効果もあり「どんなときもWiFi」はネットが速く、電波もかなり安定していました!

✅ ネットが速くて使いやすい!
▶︎どんなときもWiFi公式サイトへ

まとめ

「どんなときもWiFi」はSoftBankの回線につながることが多いですが、docomoやauにも接続します。

また、キャリアの回線を効率良く受信するチップも入っているため、電波が安定し、ネットもサクサクと速い!

これまでWiMAX、NEXTmobileといろんなポケットWiFiを使ってきましたが、ぶっちゃけ「どんなときもWiFiが最強」です。

また満足できなかったとしても、8日以内であれば無条件でクーリングオフができます。

違約金、端末代、通信料、すべて無料でキャンセルすることもできます。

契約を悩んでいるなら、試しに1週間使ってみましょう!

今すぐ申し込みへ⬇︎⬇︎⬇︎
▶︎どんなときもWiFi公式サイト