どんなときもWiFiは自宅で、固定回線代わりに使えるのか?光回線と比較したメリット・デメリットを解説します!

「どんなときもWiFi」って、外では快適に使えるのはわかるけど、自宅で固定回線代わりにも使えるのか?そんな疑問をお持ちの人もたくさんいると思います。

正直なところ、開通工事をして光ケーブルを自宅に引き込む固定回線のほうが電波や速度は安定しているのは事実です。

ただ、自宅で動画やネットを見るくらいなら全然大丈夫!オンラインゲームやYouTubeも普通に楽しめますよ!通信速度や使い勝手に関しては、まったく心配する必要はないと思います。

もし、使ってみて満足できなくても、無料で契約キャンセルできるのでも不安にならなくて大丈夫です!

以下より、固定回線と比較しながら、「どんなときもWiFi」のメリットやデメリットを詳しく解説していきます!

⭐️ 固定回線代わりに家でも使い倒せる!データ使用量無制限、さらに通信速度が快適で安定しやすい!今すぐ詳細をチェック
どんなときもWiFi公式サイト

「どんなときもWiFi」は、すぐに使える&安く使える!

固定回線の一番の問題は「めんどくさい」と「お金がかかる」ですよね。

申し込み後に開通工事をせねばなりません。30,000円近くの初期費用がかかるし、工事まで1ヶ月近く待ちます。人によっては大家さんへの確認などの手間もあるし、工事の立会いやモデムの設定などなど……。

はじめてだとわからないことが多いし、かなり嫌ですよね。

「どんなときもWiFi」なら、「お金をほとんどかけずに、すぐ使える!」わけです!これは大きなメリット!初期費用は、初回事務手数料3,000円だけで、ネットから申し込めば最短即日で端末を発送してくれます。

一方、できる限り早く、安くネットが使いたいのなら「どんなときもWiFi」です!

⭐️ 申し込みはスマホでサクッと5分以内に完了!最短で即日発送も可能です!今すぐ詳細をチェック
どんなときもWiFi公式サイト

「どんなときもWiFi」は、電波がつながりやすく、速度も安定しやすい

固定回線は、光ケーブルを直接自宅に引き込む仕組みです。一方、モバイルルーターは、スマホと同じく、端末に内蔵されたアンテナで電波を受信してWiFiを飛ばす仕組みです。

ケーブルとアンテナだと、やっぱり電波が安定しているのはケーブルであり、固定回線のほうが安心です。

ただ、「どんなときもWiFi」は、モバイルルーターの欠点をかなりカバーできています。

その理由は、どんなときもWiFiがdocomo、au、SoftBankの3回線を利用することができるからです。(トリプルキャリアと言われます)

ネットを使う場所・使う時間にあわせて、最適な電波をつかんでくれるので、いつでも電波が安定しやすいわけです。図にするとこんなイメージです⬇︎ どんなときもWiFiは自宅で、固定回線代わりに使えるのか?光回線と比較したメリット・デメリットを解説します!

どんなときもWiFiは自宅で、固定回線代わりに使えるのか?光回線と比較したメリット・デメリットを解説します!

口コミでも、地方や山間部の自宅でも十分使えたというコメントが多数ありました!

⭐️ トリプルキャリアだから電波が安定しやすい!固定回線代わりにも十分使えます!今すぐ詳細をチェック
どんなときもWiFi公式サイト

「どんなときもWiFi」はデータ使用量無制限、速度制限無し

ほとんどのモバイルルーターは、月間のデータ使用量の制限があるし、3日間で10GBまでといった制限があります。

このため、外でも自宅でもモバイルルーターを使ってしまうと、すぐに容量オーバー&速度制限になる人が多いと思います。こればモバイルルーターを固定回線代わりにできない大きな原因でした。

しかし、「どんなときもWiFi」ではデータ使用量無制限・速度制限無しなのです!!無制限だから、外でも家でもデータ容量を全く気にせず使えるわけ。

一日中動画を見たり、長編映画やオンラインゲームをダウンロードしても余裕です!

自宅で使い倒せることもいいところですが、スマホ代の節約にもなりそう!

データ量が多い高額プランの人や、ギガ不足になるとオプションで購入しがちな人にも超おすすめ!

⭐️ データ容量無制限だから、外でも家でもネットが使い放題に!ギガ不足の心配無用!ストレスフリー!今すぐ詳細をチェック
どんなときもWiFi公式サイト

「どんなときもWiFi」のデメリット

ここまでゴリゴリにおすすめしてきていますが、もちろん「どんなときもWiFi」よりも固定回線のほうが向いている人もいます。

最大接続台数5台

どんなときもWiFiは、最大接続台数が5台までなので、6人以上の大家族などはちょっと厳しい。。。また、3人、4人で同時に大容量通信(動画やゲームのダウンロードなど)してしまうと速度は落ちます。

電波が届く範囲が10m(直径20mの円)

電波が届く範囲は端末から10m前後です。端末を中心に直径20mの円の中にいないといけません。イラストにするとこんな感じです。

たとえば一戸建てや4LDKの住まいなどで、同時に違う部屋で使うような場合は厳しいかもしれません。もちろん、部屋まで持って行って使うなど、工夫をすれば問題ありません。

アップロードは光回線の方が早い

たとえばユーチューバーのように動画をアップロードする人や、デザインや動画編集に関わる人の場合は、大容量のデータ通信が重要です。

アップロードのスピードに関しては、モバイルルーターよりも光回線の方がかなり速いです。

仕事用にも考えている人は、光回線にしておいた方が無難でしょう。

まずは1週間試しに使ってみよう!ダメなら「初期契約解除」もOK

「どんなときもWiFi」は前述の通り、トリプルキャリアなので、電波がつかみやすく安定しやすい特徴があります。電波や通信速度などは、住んでいる場所によっても大きく変わります。

なので、もし通信速度などに満足できなかった場合は、無条件で契約をキャンセルすることができる、「初期契約解除」という制度があります。

条件は、端末を受け取ってから8日以内に端末を返却するだけです。(事務手数料3,000円税抜と返送料は利用者負担)

まずは実際に使って、試してみるのが一番ですよね!固定回線として十分使えるのかもそれで実感できると思います!

⭐️「どんなときもWiFi」は初期契約解除が可能!8日以内に端末を返却すれば解約手数料無料でキャンセルできます。まずは1週間お試しをしてみよう!今すぐ申し込みへ
どんなときもWiFi公式サイト

まとめ

「どんなときもWiFi」が固定回線代わりになることを語ってきましたが、いかがでしたか?私自身、外でも、家の中でもガシガシ使っているので、自信をもっておすすめできますよ!

品切れになってしまうと、再入荷まで待たされてしまうので、購入はお早めに!

⭐️ 固定回線代わりに家でも使い倒せる!データ使用量無制限、さらに通信速度が快適で安定しやすい!今すぐ詳細をチェック
どんなときもWiFi公式サイト