どんなときもWiFiでNetflix、DAZN、Amazonプライムなど動画視聴は快適なのか、徹底解説!

「どんなときもWiFi」は電波が安定していると言われていますが、

YouTubeは大丈夫でしょうが、NetflixやAmazonプライムはどうなの?

DAZNはスポーツ観戦用だから画像のカクつきや読み込み遅延すると最悪…

などの心配をしている人も多いと思います。

まず結論から言って「快適に視聴できる可能性は高い」です。

なぜなら、通信速度を測定した結果、YouTube、Netflix、DAZNの公式サイトで推奨する通信速度を、余裕で超えていたからです。

ただ「確実に大丈夫!」と言えないのは、電波の強さは使う場所によって異なるし、「速さの感覚」も人それぞれだからです。

もし、契約してみて視聴に満足できなければ「初期契約解除」で無条件で解約ができるのでキャンセルしちゃいましょう!

動画視聴も快適!試しに使って見よう!
▶︎ どんなときもWiFi公式サイト

【実験】どんなときもWiFiで動画視聴してみた!

前提:動画を快適に視聴するために必要な通信速度

YouTube、Netflix、DAZNではそれぞれ快適に視聴するために必要な通信速度をヘルプで紹介しています。(※Amazonプライムはヘルプで見つからなかったので多数サイトの平均値)

ちょっとややこしいなと思った人は10Mbps以上あればすべての動画が余裕で見れると覚えてください。細かく知りたい人は表の数値を見てください。

次の項目で「どんなときもWiFi」の実測と比較します!

動画の視聴に必要な通信速度
YouTube 1Mbps(標準)
2.5Mbps(高画質)
Netflix 3Mbps(標準)
5Mbps(高画質)
DAZN 5Mbps(標準)
9.0Mbps(高画質)
Amazon Prime 0.9Mbps(標準画質)
3.5Mbps(高画質)

【実験】電車内で動画は快適に見られるのか!?

どんなときもWiFiの通信速度はどうなの?Netflix、DAZNなど動画配信サービスは快適に視聴できるか、徹底解説!

東京都内で電車であちこち移動しながら、「どんなときもWiFi」で動画がスムーズに見られるのか、実験してみました!

結論、移動中でもほとんどの場所で快適に見れました。読み込みも速くて、早送り・巻き戻しにもサクサク反応してくれていました👍

実際、動画を見れる通信速度が出ているのかを測定した結果が以下の通り。上記で紹介した通り「動画を高画質で見るには10Mbps以上」という基準を思い出して、表を見てください⬇︎⬇︎⬇︎

エリア 回線速度
駅前 渋谷駅 26.1Mbps
新宿駅 14.5Mbps
東京駅 16.2Mbps
新橋駅 15.3Mbps
駅構内 渋谷駅 30.6Mbps
新宿駅 20.1Mbps
東京駅 33.9Mbps
新橋駅 15.8Mbps
電車内 山手線
(渋谷駅〜新宿駅)
平均13Mbps
丸ノ内線
(新宿駅〜東京駅)
平均22Mbps
おまけ 新宿小田急 / デパ地下 17.3Mbps

ご覧の通り、電車の「走行中」でもかなり余裕でした👍

電車に乗りながら動画がスムーズに見れるってのが快感でしたよ😊

たとえば新橋、有楽町など高層オフィスビルに囲まれるような場所で、一瞬「あれ?遅くなった?」と思うこともありましたが、すぐに元の速度に戻りました。若干の波はゆるしましょう笑

また、地下鉄で移動中でさえ、かなり快適に視聴することができました。真っ暗な走行中に普通に動画が見れるのは不思議な感覚でした。

どんなときもWiFiでNetflix、DAZN、Amazonプライムなど動画視聴は快適なのか、徹底解説!

✅ 電車で移動中も電波が入る!動画の視聴も快適!
どんなときもWiFi公式サイト

【実験】自宅マンションでも動画は快適に見られるのか!?

次は自宅編です!私の自宅は埼玉県の片田舎。駅徒歩5分の鉄筋コンクリート造・マンションの4階です!笑

結論から言って、鉄筋コンクリートのマンション内であっても電波は安定しているし、動画もサクサク見ることができています!

でも夜間、利用者が多い時間帯だと遅くなるのでは?」と心配する人もいると思いますが、多少速度は遅くなるものの、動画の読み込みや画像にはほとんど影響はなかったと思います。

どんなときもWiFiでNetflix、DAZN、Amazonプライムなど動画視聴は快適なのか、徹底解説!

もちろん速度も測ってみました。ここでも「動画を高画質で見るには10Mbps以上」という基準を思い出して、表を見てください⬇︎⬇︎⬇︎

どんなときもWiFiの実測
測定時刻 回線速度
10時台 50.4Mbps
12時台 22.0Mbps
13時台 21.4Mbps
14時台 22.5Mbps
15時台 25.8Mbps
16時台 22.6Mbps
17時台 19.4Mbps
18時台 23.0Mbps
19時台 22.9Mbps
20時台 15.8Mbps
21時台 14.2Mbps
22時台 15.8Mbps
23時台 27.2Mbps
24時台 15.1Mbps
0時台 30.1Mbps

傾向としては昼間は速度が速く、住宅街でのネット利用者が増える夜の時間は少し速度が落ちています。動画を見るぶんにはほとんど気がつかないレベルだと思います。

✅ マンション内でも電波が安定!自宅用・動画用に最適なWiFiルーター!
どんなときもWiFi公式サイト

どんなときもWiFiの電波が安定している理由

上記の通り、屋内でも、屋外でも、どんなときもWiFiの電波は安定していて、ストレスなく動画を見れています。

その理由は「トリプルキャリア」というシステムにあります。これは、docomo、au、SoftBankの3回線を利用できるというもの。1キャリアの回線だけだとどうしても電波が弱いエリアがあったりするけど、使う場所に合わせて最適な回線を利用できるから電波が安定しやすいんです。

どんなときもWiFiの通信速度はどうなの?YouTube、Netflix、DAZNなど動画配信サービスは快適に視聴できるか、徹底解説! どんなときもWiFiの通信速度はどうなの?YouTube、Netflix、DAZNなど動画配信サービスは快適に視聴できるか、徹底解説!

✅ 電波が安定しやすいからストレスなく動画が楽しめる!
どんなときもWiFi公式サイト

「どんなときもWiFi」で動画を見た人の口コミ・評判

私自身は電車内でも、自宅でも「どんなときもWiFi」で快適に動画が見れていますが、他の人はどうなのか?どう感じたのか?

口コミも調査してみました!ネガティブなツイートも一部ありましたが、基本的にはかなり評価が高かったです。

⬇︎ 口コミでも高評価!品切れ前に申し込みへ
どんなときもWiFi公式サイト

速度に満足できなかったら「初期契約解除」も可能

都内の電車内や私の自宅ではまったく問題なく使えましたが、どこで使っても100%大丈夫!とは言い切れません。電波の強さは周辺環境(高層ビルの有無)や基地局からの距離など、さまざま影響を受けてしまうからです。

実際に使ってみて動画視聴でストレスを感じたときは、端末を受け取ってから8日間以内であれば、無条件で「初期契約解除」をすることができます。

解約料は無料で、特に解約理由や条件もありません。国が定めた制度なので安心して使えます。

※ ただし、申し込み時の事務手数料3,000円と、端末返送料はかかります。

もしダメなら契約キャンセルすればいいだけなので、迷っているなら使ってみるのがいいと思います!

⬇︎ 試しに使ってみる
どんなときもWiFi公式サイト

まとめ

ここまでの内容をまとめるとこんな感じです。

  • 動画配信サービスには推奨通信速度があり、「どんなときもWiFi」はそれを超えている
  • 「どんなときもWiFi」はdocomo、au、SoftBankの3回線から最適な電波をつかめるから電波が安定している
  • 屋内でも屋外でも動画視聴が快適。口コミでも高評価
  • もしサービスに満足できなかったら8日以内であれば「初期契約解除」も可能

実際に使ってみると、データ容量無制限もかなり良いです。

WiMAX時代は、3日間で10GBという制限があって土日に海外ドラマを見すぎると速度制限に引っかかりました・・・。でも「どんなときもWiFi」は制限がないので、極端な話、24時間見続けたとしてもまったく問題なしです!

動画ユーザーならモバイルルーターで一番オススメなサービスです!

ただし、評判が良く、CMなどの影響もあって、申し込みが殺到しているそうです。品切れになるとしばらく予約待ちになってしまうので、在庫があるうちに申し込みしましょう!

⬇︎ 今すぐ申し込む
どんなときもWiFi公式サイト