SoftBank Airではメールアドレスはもらえない?以前のプロバイダーのメアドを継続するか、Yahoo!BBの基本サービスの加入で取得可能。

SoftBank Airではメールアドレスはもらえない?以前のプロバイダーのメアドを継続するか、Yahoo!BBの基本サービスの加入で取得可能。 SoftBank Air

光回線やADSLを契約し、そこでもらったプロバイダーメールを活用している人もたくさんいますよね。しかし、SoftBank Airを契約してもメールアドレスは付与されません。

現在、SoftBank光やYahoo!BBのADSLを使っていて、同じ会社のサービスであるSoftBank Airへの乗り換えでも、今使っている@ybbのメールアドレスは使えなくなります。

SoftBank Airでプロバイダーメールが使いたい場合、以下のような方法があります。

✅ SoftBank Airの「Yahoo!BB基本サービス」(月額300円)に加入して@ybbのメールアドレスをもらう

✅ 今使っているプロバイダーで、メールアドレスだけ継続して使える契約に変更する

✅ GmailやYahoo!メールのようなフリーメールアドレスを取得する(Gmail、Yahoo!メールをOutlookに設定することも可能)

以下より、それぞれ詳しく解説していきます!

\35,000円のキャッシュバックがもらえる/

SoftBank Airでプロバイダーメールを使う方法

有料オプション「Yahoo!BB基本サービス」へ加入する

メールアドレスが必要な場合は、Yahoo!のフリーのメールアドレスを使うか、もしくはYahoo!BB基本サービスという有料オプションに加入すれば、「×××@ybb.ne.jp」のようなYahoo! BBのメールアドレスが利用できるようになります。

Yahoo!BB基本サービスのスタンダードプランは月額300円で、Yahoo!メールかんたんバックアップ(50G)や、お買い物あんしん補償(一部)が利用できます。

なお、「Yahoo!基本サービス」の公式サイトにはプロバイダーメールが付与されることは書かれていません。(なぜかわかりませんが・・・)

カスタマーに問い合わせたところ、記載がないだけで@ybb.ne.jpのアドレスは付与されるとのことなのでご安心を!

SoftBank Airではメールアドレスはもらえない?以前のプロバイダーのメアドを継続するか、Yahoo!BBの基本サービスの加入で取得可能。

\35,000円のキャッシュバックがもらえる/

現在使っているプロバイダーで、メールアドレスのみ継続して契約する

ほとんどのプロバイダーでは、解約後でも継続してメールアドレスを使うことができます。たとえば@niftyの場合はこのような形になります。

◼︎ @nifty解約後のメールアドレスの利用について

@nifty IDを解約すると、同時にメールアドレスのご利用もできなくなります。他社プロバイダーを利用しながら、@niftyのメールアドレスを利用するためには、@niftyのID(契約)を継続していただく必要があります。@niftyではメールアドレスしか利用しない場合、最も低価格な料金コース「@nifty基本料金(250円(税抜) / 月)」への変更をお勧めします。

(引用:@nifty 会員サポート

このように、月々数百円を支払うことでメールサービスだけ使用することができます。プロバイダーを解約する際にカスタマーサポートに確認してみてください。

\35,000円のキャッシュバックがもらえる/

Yahoo!メール、Gメールなどのフリーメールに切り替える

プロバイダーメールにこだわりがないのであればフリーメールという手もあります。フリーメールは誰でも無料で活用することができます。アカウントの解説も楽ですよ!

アカウントを作る場合は「Yahoo!メール」や「Gmail」で取得することができます。

以下、フリーメールのメリットとデメリットを解説します!

フリーメールのメリット

Outlookのようなメーラーがなくても、ネットがつながればどこでもメールを見ることができます。スマホでも、タブレットでもどこでも送受信が可能です。また、見る時もログインが必要なので、セキュリティも問題なし。

プロバイダーのメールアドレスでは、ネット回線を解約してしまうと使えなくなりますが、フリーメールは関係ありません。(上記のようにメール継続利用のためだけの有料プランはあります)

また、1通あたり遅れるギガ数も、Yahoo!メールで25Mなど、かなり大容量です。(引用:Yahoo!メール1通の容量制限)Gメールも25Mです。(引用:Gmailヘルプ)です。

フリーメールのデメリット

プロバイダーメールはそもそもプロバイダーと契約していなければ受け取ることができません。また、メールアドレスは原則1人1つしか作れないため、信頼性が高いと考えられています。

一方フリーメールは誰でもアドレスをつくれるし、複数所持することができます。なので、プロバイダーメールに比べると信頼性が落ちます。

このため、フリーメールの場合、「迷惑メール扱い」になってしまうこともあります。

また、Yahoo!メールに限っては、6か月以上利用されていないYahoo!メールアドレスとメールボックスは、利用停止になります。(引用:Yahoo!メールの有効期限について

※ Gmailは記述がありませんでした。

Outlookにフリーメールを設定することもできる

Outlookを使い慣れている場合、GmailやYahoo!メールの仕様がやりずらい、管理しにくい、ということもありえますよね。Outlookで振り分けをしたり、ファイルをつくって保存したり、いろいろ駆使している人もいると思います。

Outlookの仕様が好きな人は、フリーメールをOutlookのアカウント追加するのもおすすめですよ!

Outlookでのアカウント追加方法については「メール アカウントを Outlook に追加する」を見てみましょう!

\35,000円のキャッシュバックがもらえる/

まとめ

実際にGmailやYahoo!メールを利用していますが、自分のPC以外でもメールを見ることができる(もちろん携帯でも!)のは、とても便利です。

アカウントを増やすこともできるので、個人用と会社用にわけて使ってみたり。ファイル分けをすることもできるので。

無料であることもメリットですが、なにより便利で使っているんです。こだわりがないのなら、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の契約を機会に、フリーメールに変更するのはありですよ!

\35,000円のキャッシュバックがもらえる/