メルカリ・ヤフオクで売っているSoftBank Airの中古は買っちゃダメ?本体の再利用や持ち込みについて解説

メルカリ・ヤフオクで売っているSoftBank Airの中古は買っちゃダメ?本体の再利用や持ち込みについて解説 SoftBank Air

携帯電話だと、本体は中古にして、中のSIMを入れ替え(回線だけ契約)っていうのはできますよね。安く乗り換えるための手段です。

しかし、残念ながらSoftBank Airでは回線のみの契約ができません。なので、中古品やもらいものを再利用(持ち込み)はできないんです。

◼︎ 中古のSoftBank Airを買った人の口コミ

simを刺し変えてもIMEI制限がかかっているためかLTEランプが赤点灯のままで使い物になりませんでした。ソフトバンクショップへの持ち込みでの契約もできませんでした。(※Amazon口コミより)

メルカリやヤフーオークションでSoftBank Airの本体(端末機:Airターミナル)が安く売られていますが、SIMを入れ替えたり、回線契約ができないので、買わないようにしましょう。

中古はダメですが、他にも安く・お得に契約する方法はたくさんあります!押さえておたいポイントはこちら⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

安く・お得に使う方法5選
✅ 端末は53,830円と高額!毎月1,620円で分割払いしていくが、全額割引に。3年使えば実質無料!
✅ 短期契約がいいなら「本体のレンタル契約」も可能!2年未満で解約するならレンタル契約がお得!
✅ 特別キャンペーンサイトから申し込みをすれば、新規契約特典でキャッシュバックがもらえる!
✅ 現在、ポケットWiFiやネット回線を契約しているなら「乗り換えキャッシュバック」がもらえる!
✅ キャンペーンの併用もOK!合計最大5〜10万円近くキャッシュバックがもらえる!

以下より詳しく解説していくので、買う直前の人はぜひぜひ参考にしてみてください!

前提:SoftBank Airの中古端末は使えません

メルカリなどのアプリでSoftBank Air(ソフトバンクエアー)の中古が販売されていますが、実際に中古の本体(端末機:Airターミナル)を再利用することはできません。

メルカリ・ヤフオクで売っているSoftBank Airの中古は買っちゃダメ?本体の再利用や持ち込みについて解説

ではなぜ、中古が販売されているのか?詐欺なのか?

以下の写真の通り、中古品の販売アプリなどで機器(Airターミナル)が販売されています。

実際に販売している人のコメントをみると、アダプターやLANケーブルは再利用できるので販売しますと書いてあります。劣化、故障した際には中古で購入して使ってみるのもありかもしれませんね!

SoftBank Airの端末料は「実質無料」です

中古端末を購入することで、端末料を節約し、月額を安くしたい!という思いから中古品を探している人も多いと思います。でも実際のところ、端末料は無料です。

端末の本体代金は「58,320円」。これを月々1,620円の36回で支払っていきます。

この1,620円は「月月割」という割引サービスによって、0円になります。したがって、無料というわけです。

メルカリ・ヤフオクで売っているSoftBank Airの中古は買っちゃダメ?本体の再利用や持ち込みについて解説

端末料金に関しては、一つだけ注意することがあります。36回支払い終わる前に解約してしまうと、その時点で「月月割」も終了となります。

結果、残りの端末代を、利用者が一括で支払わなければなりません。これが結構ネックになりますよね。

例えば、契約から1年で解約してしまった場合は、端末の支払いは24回の残っています。1,620円 × 24回=38,880円を解約時に一括で支払わなければなりません。

端末購入をせず、レンタルで契約することもできる

実質無料であっても、上記の通り、36回の支払いが終わる前に解約すれば、残りの金額は払うわけです。

これにどうしも抵抗がある場合や、2年未満で解約したい(するかも)と考えている人には、端末機のレンタル契約の方がおすすめ。その理由を以下より解説します。

レンタルのメリット・デメリット

端末の分割購入の月額

Airターミナルの販売価格は58,320円で、1,620円の36回払いで、月々の基本料金に加えて支払っていきます。この1,620については「月月割」で全額割引になるため、実質0円ということになります。

月々の支払い料金
基本料金 4,880円
端末料金 1,620円(×36回)
月月割 −1,620円
SoftBank Air スタート割(1年目のみ) −1,080円
1年目の月額 3,800円
2年目以降の月額 4,880円

端末をレンタルの月額

端末をレンタルする場合は、端末料の代わりに、毎月レンタル料 490円を支払わなくてはなりません。また、SoftBank Airスタート割はレンタルでは適用されません。

月々の支払い料金
基本料金 4,880円
レンタル料 490円
月額 5,370円

購入とレンタルはどっちがいいか

レンタルのメリットは、月額が高くて解約料が安いことです。解約するのが半年、1年、1年半であれば、端末レンタルがお得。2年以上なら端末購入がお得です。

端末料金は58,320円。1,620円の36回払いになります。ただ、月々の料金はSoftBankが割り引いてくれます(1,620円割引)。だから実質は無料です。

ところが、36回支払い終わる前に解約した場合は、残りを利用者が全額支払うことになります。これで解約料が高くなるわけです。

以下が、総支払いと解約金の合計金額表です。

月々の支払い合計解約料+端末残債を合わせた金額です。1年11ヶ月あたりまではレンタルのほうがお得。2年以上契約するなら購入がお得です。

レンタル 購入
1年で解約する場合の総支払額 73,940円  93,980円
1年半で解約する場合の総支払額 106,160円 113,540円
 2年で解約する場合の総支払額 128,880円 123,600円
2年半で解約する場合の総支払額 170,600円 152,660円

キャンペーンを利用して、新規契約キャッシュバックをもらう

知っている人もたくさんいると思いますが、SoftBank Airではいろいろ申し込みサイトがあり、独自のキャンペーンを開催しています!そこから申し込むとキャッシュバックがもらえるのでとても人気があります。

数あるキャンペーンの中から選ぶときは、キャッシュバックが高額で、適用条件がないところがいいでうよね!おすすめは「NEXT」というネット・WiFi販売会社のキャンペーンサイトです。

キャッシュバックは35,000円。なんと最短2ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれます!入金がかなり速い。無駄なオプションに加入する条件もありません⬇︎⬇︎⬇︎

SoftBank公式の乗り換えキャンペーンも併用できる

メルカリ・ヤフオクで売っているSoftBank Airの中古は買っちゃダメ?本体の再利用や持ち込みについて解説

現在、SoftBank公式でも「乗り換えキャンペーン」を開催しています。

SoftBank Airの販売代理店のキャンペーンサイトから申し込んでも、契約先はSoftBankなので、公式の乗り換えキャンペーンも併用して利用することができるんです!

この乗り換えキャンペーンは、au、docomoなど、他社のネット回線・ポケットWiFiからSoftBank Airに乗り換えると、他社に支払う違約金、端末代、撤去工事費などを最大10万円まで還元してくれるサービスです!

注意点がいつくかあるので⬇︎にまとめてみました。

乗り換えキャンペーンの注意点
✅ 他社WiFi・回線を解約した後では使えない!
✅ SoftBank Airを契約・利用しはじめてから「乗り換えキャンペーン」の手続きをする
✅ 他社回線の違約金を証明する支払い明細をもらっておく
✅ 手続きはソフトバンクショップか、SoftBank Airの会員ページ/マイソフトバンク「証明書のアップロード方法」で申請可能
✅ 手続きをしてから6ヶ月後に支払い

まずはSoftBank Airと契約する必要があります。⬇︎のキャンペーンサイトから申し込みしましょう!

まとめ

安く・お得に申し込む方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

中古品を使いまわさなくても、もっとお得に利用する方法がたくさんあるんです!

ちなみに、SoftBank Airは、契約したから8日以内であれば、無料キャンセルすることもできます。方法は、本体が届いて8日以内に解約窓口に連絡するだけ(【電話番号】0800-1111-820)。

解約の条件や理由は特にいりません。まずはお試し感覚で申し込んで、それから続けるか考えてみるのもいいと思います!