2019年「宝塚音楽学校」合格発表!受験/入試や噂の「ブスの25箇条」とは

2019年「宝塚音楽学校」合格発表、入試、受験、ブスの25箇条とは トレンド・ニュース

2019年3月28日、宝塚音楽学校の合格発表が行われました!

宝塚音楽学校とは、「宝塚」に入るための学校で、「東の東大、西の宝塚」と言われるほどの難関校です。

2019年は915人が受験して合格は40人。倍率はなんと22.9倍だったそうです。

まずは地元紙でもある、神戸新聞の報道を紹介!さらに、宝塚音楽学校の受験について、入学後にまもるべき「ブスの25箇条」など紹介していきます!

宝塚音楽学校合格発表

まずは地元紙でもある「神戸新聞」の報道から!

「清く正しく美しく」をモットーに、未来のタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市武庫川町)で28日午前、第107期生の合格発表があった。同県出身の2人を含む40人が、競争倍率22・9倍の難関を突破し、夢の舞台へ第一歩を踏み出した。

応募できるのは15~18歳の女性で、全国各地から915人がチャレンジした。入学試験は3次まであり、面接、歌唱、舞踊試験を通じ、容姿や華やかさなど舞台での適性が審査された。

午前10時、校舎の前に、合格者番号を記した二つ折りのボードを持って在校生が登場し、受験生の緊張はピークに。ボードを結んでいた赤いリボンが外され、合格者の番号が示されると、受験生の歓声と悲鳴、涙が交錯した。

合格した宝塚市立山手台中3年の門間さや香さん(15)は「キラキラした姿でお客さまに笑顔を届ける娘役になりたい」と決意を語った。入学式は4月18日。合格者は2年後のデビューを目指してレッスンに励む。(中島摩子、小谷千穂)

(引用:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012188491.shtml)

宝塚合格発表動画!

こちらが神戸新聞が公開した合格発表動画です。

発表直後の受験生の「キャーーー!(喜)」という言葉に圧倒されます!

宝塚の受験スケジュールとは?

ここではまず、どのように合格発表までの日を迎えたのか?調べてみました!

試験のスケジュール

【一次試験】面接 3/20

【二次試験】面接、歌唱、舞踊 3/21

【三次試験】面接、健康診断 3/27

【合格発表】3/28

(※一次、二次試験は東京会場の日程)

宝塚合格発表、受験、入試

3次試験まであるんですね!しかもつねに面接が!!

歌や踊りの技術はもちろんですが、「人間性」を重視しているんですね。この難関を潜り抜けるのは大変だ。

入学後に守るべき「ブスの25箇条」

「清く、正しく、美しく」がモットーの学園ですからね。こういったルールがあるそうです。元タカラジェンヌの「貴城けい」さんがご著書「宝塚式「美人」養成講座」でも紹介されています。

1.笑顔がない 
2.お礼を言わない 
3.美味しいと言わない 
4.精気がない 
5.自信がない 
6.愚痴をこぼす 
7.希望や信念がない 
8.いつも周囲が悪いと思っている
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくイジケている 
11.なんでもないことに傷つく 
12.他人に嫉妬する 
13.目が輝いていない 
14.いつも口がへの字の形をしている 
15.責任転嫁がうまい 
16.他人をうらやむ 
17.悲観的に物事を考える 
18.問題意識を持っていない 
19.他人に尽くさない 
20.他人を信じない 
21.人生においても仕事においても意欲がない 
22.謙虚さがなく傲慢である 
23.他人のアドバイスや忠告を受け入れない 
24.自分が最も正しいと信じ込んでいる 
25.存在自体が周囲を暗くする

まとめ

合格した皆さんには本当に「おめでとう!」を伝えたいです。

ただ、「ブスの25箇条」の内容を見る限りも、入学したら厳しそうですね。

内面的な美、見た目の美、芸としての美。

いろいろな美しさを学んで、美しい人に成長していくんです。

真矢みきさんや大地真央さんのようなスターがうまれることに期待しちゃいますね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!2019年「宝塚音楽学校」合格発表、入試、受験、ブスの25箇条とは