【スッキリ出演】可愛すぎる男子高校生「井手上 漠(いでがみばく)」の彼氏?彼女?恋人はいるの?

【スッキリ出演】可愛すぎる男子高校生「井手上 漠(いでがみばく)」の彼氏?彼女?恋人はいるの? トレンド・ニュース

2019年3月28日の朝の情報番組「スッキリ」で、可愛すぎる男子高校生として有名な「井手上 漠(いでがみばく)くんが特集されていました!

wiki風プロフィール紹介から、番組内で語ったこれまでの人生、これからの夢などまとめていきます!

 

View this post on Instagram

 

おはようございます!!

井手上 漠さん(@baaaakuuuu)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

わーいわーい🥳

井手上 漠さん(@baaaakuuuu)がシェアした投稿 –

「井手上 漠」名前の読み方、身長、高校など

【名前】井手上 漠(いでがみ ばく)
【性別】男性
【血液型】 B型
【身長】163cm
【体重】49kg
【出身】島根県
【生年月日】2003年1月20日
【中学】公立学校の海士町立海士中学校
【高校】不明:島根の高校
【年齢】16歳(2019年3月現在)
【実績】第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト DDセルフプロデュース賞 受賞
【インスタ】https://www.instagram.com/baaaakuuuu/
【twitter】twitter.com/@i_baku2020

2019年3月28日現在、井手上 漠くんのインスタのフォロワー数が15万人!

SNSでも話題となり「スッキリ」でも紹介されていました。

インタビューによると、好きなことはお風呂上がりのスキンケアだそう。

フェイスパック、保湿グッズを多数持っており、美顔器なども活用しているそう。

ファッションも大好きでこだわりは「メガネ」です。自分の顔で好きなところは横顔とのこと。

インタビュー「思い悩んだ幼少期」

井手上漠くん、小さなことからかわいいもやおしゃれが大好きでした。

しかし、小学校高学年のころ、深く思い悩みます。

「仮面ライダーよりもプリキュア」

「気持ち悪い、男なら男らしく」

「好きなものが好きと言えない」

同級生に否定されたり、傷ついたりしていたんですね。そんなとき救ってくれたのがお母さんの言葉でした。

「おかぁさんが漠は、漠らしくいたほうがいい」と言ってくれて、

ありのまま生きようと思った。

自分らしく生きたら。私のことを認めてくれる人が増えた。嬉しいです今。

このころに、全国弁論大会に出場して、当時を思いを主張します。

「あなたは、この世界にいなければいけない」と熱く主張。結果、弁論大会で全国2位に輝きました。

そのころから一気に人生が逆転したそうです。弁論の全文もご本人のtwitterで公開されています。

街の人、中学の先生、同級生たちの声

そんな井手上 漠くん、海士町の中でも大人気。「街全員が知っている」「俺が一番初めのファン」など、住人からも愛されていました。

また、高校になって今でも中学校の先生と交流があるそうです。中学の先生たちは

「中1の頃からぶれていない。軸があった」と語っています。

ちなみに現在は高校の男子ソフトテニスのマネージャーとしても活躍しいます。部員たちからは「アイドル的な感じ。マネージャーとして試合に行くと、かわいくない?あの女の子紹介してよ!と声をかけられます。男だよと言うとすごく驚くのが面白いと語っています。

恋愛対象は男?女?恋人はいるの?

井手上 漠くんは、普段は女の子といる時間の方が多いようです。部活以外で遊ぶのは女子。

やっぱり恋愛対象が男性か女性かを聞かれることが多いそうです。

漠くんはどちらなのか、はっきりしていない様子です。「(男や女ではなく)人柄にほれるのだとおもいます」と語っています。

憧れの人は「ゆうたろうさん」。原宿系男子で、ジェンダーで、カリスマ店員。

今後については「いろんなことやりたい。うまくいくいかない関係なく。特にモデルになりたい」と語ります。

◼︎ 井手上 漠くんの憧れの人「ゆうたろうさん」についてはこちら
【モデル ゆうたろう】身長、出身地、経歴まとめ。ツイッターやインスタも紹介!

SNSでの井手上 漠くんの評判は?

まとめ

いかがでしょう?自分と同性ではありますが、かつでこれまでかわいい男性がいたでしょうか?

でも、かわいさや女性らしさのために、思い悩んでいた時期があったんですね。

人との違いを強みに変えられた時、それは大いなる自信となって、生き方も変わるんですね。

これからも、美容やファッション、モデル活動などに力を入れていくようなので、引き続き注目していきたいですね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!