ジュゴンとマナティの違いって?ジュゴンの生態・数、水族館なども紹介

ジュゴンとマナティの違いって?ジュゴンの生態・数、水族館なども紹介 お出かけ

沖縄県にて、米軍基地として建設が進む辺野古基地周辺で、「ジュゴンが死んだ」ことが話題になっています。

なぜそこまで「ジュゴン」が話題になるかというと、もともとジュゴンは非常に数が少なく、沖縄県辺野古周辺でも、3頭しかおらず、そのうち1頭が死んだためなんです。2頭もゆくえがわからないそうです。

詳しい情報は琉球新報の「3頭しかいないジュゴンの1頭が死んだ 残る2頭は辺野古の海上工事着工後、行方不明」をご覧ください。

ここでは、この「ジュゴン」とはいったいどんな生き物なのか、紹介しようと思います。

ジュゴンってどんな生き物?

ジュゴンとマナティの違い。その生態、数、見られる水族館など

ジュゴンの生態

体調:体長2.4~3.0m

体重:体重250~400kg
※ オーストラリアにおいて体長約3.2m、体重約600㎏のジュゴンが発見されました

体色:背側が灰褐色、腹側は灰白色

体の特徴:全体はイルカ型 尾ビレは三角形 前脚はヒレ状。イルカやクジラなどの鯨類などに似ている(ただし、背ビレがない点などに違いあり)

体の表面:硬くて短い毛と細くて長い毛がまばらに生えている

ジュゴンの生息地域

主に、インド洋、大西洋をはじめ、暖かい地域の海に生息しています。図の青い部分が生息地域です。

ジュゴン生息地域

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジュゴン

現在では、オーストラリア北部の海に多く生息しているとされ、2017年時点で約5,500頭が生息しいると考えられています。

日本では、目視の観察で、沖縄県で3頭は確実に存在する言われています。

この3頭のうち1頭が、今回辺野古で発見されたジュゴンですね。

ジュゴンとマナティの違いはなに?

よくジュゴンとマナティがどっちがどっちだかわからない、なんて言われますが、実際に姿形だけでなく生き物としての分類も近いんです。

具体的に説明していきます!

ジュゴンとマナティの見分け方

まず、ジュゴンもマナティも、人間と共通の祖先を持つ生き物で、哺乳類で 海牛類と呼ばれる仲間の一種です。

この海牛類の中に、ジュゴンの属するジュゴン科と、マナティーの仲間が属するマナティー科があります。

図にするとこのような感じです。

ジュゴンとマナティの違い

引用:沖縄県文化環境部自然保護課

ジュゴンとマナティは尾びれの形で見分けることができます。

ジュゴンは三角形、マナティはうちわ型です。

ジュゴンとマナティの違い

引用:沖縄県文化環境部自然保護課

ジュゴンとマナティは生息地が違う

2種の違いとしてジュゴンは上記の通り、太平洋や大西洋の「海」に住んでいますが、マナティは大西洋の「川」に住んでいます。

また、体型もマナティは最大で1000kg近くになります。ジュゴンよりマナティの方が一回り大きいんです。

ジュゴンがいる水族館は?

ジュゴンは非常にナイーブな生き物として知られ、人口で飼育するのが非常にむずかしいと言われています。日本では「鳥羽水族館」だけで見ることができます。

◼︎ 鳥羽水族館
所在地:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
営業時間:9:00〜17:00
※2019年ゴールデンウィークは営業時間変更(公式HPを確認ください)
※7月20日〜8月31日は8:30〜17:30
公式サイト:https://www.aquarium.co.jp/index.php

マナティがいる水族館
鳥羽水族館 沖縄美ら海水族館 新屋島水族館 熱川バナナワニ園

まとめ

ジュゴンのこと、そしてマナティの違いはわかりましたか?

沖縄県の辺野古周辺で「ジュゴン」が一頭死んだニュースが報道されていましたが、その希少性などを考えると納得ですよね。

またそれ以上に、哺乳類で人間とも近しい存在で、多くの人にとって「なんとなく癒される生き物」として愛されてきたので、残念な気持ちにもなりますよね…..。

ゆくえ不明の1頭が見つかって、これから1頭でも繁殖が進むといいですよね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!