【東京オリンピック】聖火リレーの国内ルート、日程、最終走者予想、トーチデザインも!

【東京オリンピック】聖火リレーの国内ルート、日程、最終ランナー予想も! トレンド・ニュース

こんにちは!

2019年になり、連日、情報番組でオリンピックやアスリートの紹介がされていますね!

ここでは、聖火リレーにフォーカスしていろいろ紹介していこうと思います。

聖火リレーってどこからはじめるのか、ルートや日程、最終ランナーの予想など盛りだくさんです!それではいってみましょう!

聖火リレーはギリシャでスタート

2020年3月12日、古代五輪発祥の地であるギリシャ・オリンピア遺跡で東京大会の聖火採火式が行われます。

聖火はギリシャ国内をリレーして日本へ送られます。

そして日本に到着した聖火はその後、3月26日に福島県からスタート。121日間をかけて全国をリレーし、7月24日に開会式会場の新国立競技場に到着するようですね。

聖火ランナーは誰になる?

大会組織委員会でランナーを決める考え方を発表しました。それは「国籍や障害の有無、性別、年齢のバランスに配慮するとともに、地域で活動している人を中心に選定するというもの。詳細は今後発表されますが、応募者殺到が予想されています。

聖火リレー走ってみたいなぁ〜孫の代まで誇れる快挙!応募したいなぁ

組織委によると、2012年ロンドン五輪では「輝いている人」を他薦で選ぶ方式もとったそうですが、これだと有名であることが結構条件な気が……。

抽選希望ですね(笑)一人当たりわずか200m(想定)らしいですが、ものすごく貴重な200mですね。

過去の聖火リレー参加人数

ロンドン五輪:70日で約8000人
リオデジャネイロ五輪:95日間で約12000人

長野オリンピックの聖火ランナー

北島康介さん、有森裕子さん、萩本欽一さん、星野仙一さんなどなど、業界、ジャンルを超えたメンバーが揃っています。

それだけではなく公募から参加されて人もいるようですね。詳しくは公益財団法人日本オリンピック協会「主な聖火ランナー」に掲載されています。

“最終”ランナーを予測しよう!

最終ランナーはいわば「その国のスポーツの顔」とも言える人。まずは前回、前々回大会の走者を見ていきましょう!

前回、前々回大会の最終日のランナー

  • 2012年ロンドン大会(最終日リレーは10人)
    デービッド・ベッカム(サッカー)、ジェイド・ベイリー(女子サッカー)(2)スティーブ・レッドグレーブ(ボート、ドールドメダリスト)ほか
  • 2016年リオデジャネイロ大会(最終日リレーは3人)
    グスタボ・クエルテン(テニス、元世界ランキング1位)(2)オルテンシア・マルカリ(女子バスケット、メダリスト)(3)バンデルレイ・デ・リマ(マラソン、メダリスト)ほか

メダリストや記録保持者、その国のスポーツの発展に貢献した人、世界的スター、同一種目から2人は入らない、現役選手はまれ、こんな条件がありそうですね。

このように考えると、すでに引退され、かつ好成績をおさめたメダリスト、吉田沙保里さん、北島康介さん。あるいは澤穂希さんあたりは候補にあがりますね。また、レジェンド三浦知良さんも!

東京オリンピックの最終走者を振り返ると

朝日新聞によると、64年のオリンピック最終走者は、坂井義則さんでした。坂井さんは原爆が落とされた日に生まれた方で、64年には大学生になっていました。いわば平和と復興の象徴として、最終走者をまかされたようですね。

このように考えると、平和と復興というと、東北大震災に関連する人やアスリートの可能性もありそうですよね。そうなると羽生結弦さんもありうるかもしれません。

聖火リレーの日程紹介

最後に、聖火リレーの日程で、以下の通りとなります。

県名 日程
3月
福島県 26_28日
栃木県 29_30日
群馬県 31_4月1日
4月
長野県 2_3日
岐阜県 4_5日
愛知県 6_7日
三重県 8_9日
和歌山県 10_11日
奈良県 12_13日
大阪府 14_15日
徳島県 16_17日
香川県 18_19日
高知県 20_21日
愛媛県 22_23日
大分県 24_25日
宮崎県 26_27日
鹿児島県 28_29日
5月
沖縄県 5月2_3日
熊本県 6_7日
長崎県 8_9日
佐賀県 10_11日
福岡県 12_13日
山口県 14_15日
島根県 16_17日
広島県 18_19日
岡山県 20_21日
鳥取県 22_23日
兵庫県 24_25日
京都府 26_27日
滋賀県 28_29日
福井県 30_31日
6月
石川県 6月1_2日
富山県 3_4日
新潟県 5_6日
山形県 7_8日
秋田県 9_10日
青森県 11_12日
北海道 14_15日
岩手県 17_19日
宮城県 20_22日
静岡県 24_26日
山梨県 27_28日
7月
神奈川県 29_7月1日
千葉県 2_4日
茨城県 5_6日
埼玉県 7_9日
東京都 10_24日

トーチデザイン決定

聖火リレーの色と形は、日本の象徴「桜の花」をモチーフに、ピンクゴールドが施されることになり、デザインも発表されました。

東京オリンピックトーチデザイン 東京オリンピックトーチデザイン

上からみると「桜の花びら」の形になっているんですね!

また、こちらはアルミ素材で作られているのですが、すべて東北大震災で派出

まとめ

日々オリンピックへのカウントダウンが行われるなど、徐々にオリンピックムードが高まっていますよね。

すでに各種競技でオリンピックの先行も始まっており、選手たちがしのぎを削って戦っています。

アスリートの活躍に、そしてオリンピックの最新情報に目が離せませんね!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考:東京五輪の聖火 最終ランナーを予想する 
聖火リレー、時を超えて 東京五輪まで500日

イケメンスポーツ選手、嘉村健士選手を紹介します!(バドミントン・ソノカムペア)