フリーランスと個人事業主の違いとは?なる前、なった後にやるべきことは?

働き方(副業)

2019年4月、働き方改革が本格施行!会社員でも、副業や兼業に興味を持つ人が増えて、軌道にのったら独立する人も増えそうですよね。

ところで独立して自分で仕事することって「フリーランスになる」って言いますか?

「個人事業主になる」って言いますか?

う〜ん、フリーランス、個人事業主、どっちも使うけど、違いがはっきりわからないなぁ〜
こんな方も多いですよね?(僕が実際そう)

ここではフリーランスと個人事業主の違いを説明しつつ、実際にはじめる前後でやっておくべきことをまとめてみました!

フリーランスと個人事業主の違い

「フリーランス」とは

会社や団体などには属さず、仕事に応じて自由に契約して仕事をする人々のことを表します。

「個人事業主」とは

「個人事業主」とは、ある事業を法人ではなく個人で行う者として「税務署に開業届けを提出している人」のことです。

つまり!

「フリーランス」も「個人事業主」も、特定の法人や団体に属さずに業務を行い、給与ではなく報酬として収入を得るのは同じなので、「働き方」としては同じですね。

しかし、フリーランスには特に定義や決まりはありませんが、個人事業主は「税務署に届け出が必要」なのでこれが明確な違いですね。

(ここから下は、定義がある「個人事業主」という総称で説明をつづけますね)

個人と法人の違い
法律では法人にも人格があると考えます。法人でない個々の人を個人、会社のことを法人と使い分けます。

退職したらすぐにやるべき手続きまとめ

実際に、個人事業主・フリーランスになった後、どんな手続きが必要なのか?

実際に、個人事業主・フリーランスになるには、どんな手続きが必要なのか?結構ありそう……

これでなやんだりしますよね。これ知らないと、知らず知らずのうちに損をしたり、決まりをやぶってしまっていたりするので要注意です!

国民年金(退職した日から14日以内)

加入する年金が「厚生年金から国民年金に変更」することになりますが、自動的に切り替わるのではなく、みずから届け出る必要があります。

開業届(退職した日から1ヶ月以内)

税務署に「開業届」を提出する必要があります。税務署に開業届を出すことで、個人事業主として申告・納税することを知らせることができます。

開業届けを出してしまうと失業保険がもらえなくなることが多いです。詳しくは「個人事業主の開業届けは絶対に出さないとダメ?申請しないと確定申告で困ることある?【白色申告/青色申告】
」のページへ。

青色申告承認申請書(退職した日から2ヶ月以内)

個人事業主のビックイベントといえば「確定申告」!

この確定申告には「白色申告」と「青色申告」があるんです。青色申告には、特別控除や赤字のくりこしなどの特典があります。開業後2ヵ月以内に「青色申告承認申請書」を提出しましょう。期限を過ぎると特典を受けられなくなります。

青色申告承認申請書をもっと詳しく知りたい人は「青色申告とは何か?~すべての人が知っておくべき基礎知識~」のページへ

健康保険(退職した日から14日以内)

下のいずれか選択する必要があります。

1)国民健康保険に加入する

2)勤め先が加入していた健康保険組合の健康保険を任意継続する(最大2年間)

会社の健康保険を継続する場合、保険料は会社が半分負担ですので、その分も追加されて2倍の金額を払うことになります。

じゃぁ、国民健康保険に加入しよう!

と思いがちですが、会社の健康保険を継続したほうが安くなる人もいるようです。ここは住んでいる地域の国保の部署に問い合わせましょう!

もし、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする予定があるなら、給与所得がある会社員の際に、済ませましょう。審査を行う際、会社員とフリーランスとでは信頼度が異なります。

まとめ

・フリーランスも個人事業主も、「自由な働き方」という意味では同じ

・しかし、個人事業主は届け出が必要なので、フリーランス=個人事業主ではない

・退職後にやるべきことは
 1)国民年金
 2)開業届け※上部、注釈確認
 3)青色申告承認申請書
4)健康保険

・クレジットカードやローンは会社員のうちに済ませる

自分が個人事業主になる予定なので、結構全力で調べてみましたが…想像以上に手続きが多いなぁと思ったのが正直なところ。

さっさと終わらせて、自分の事業にフルコミットだ!

そう、ちゃんと時間作って、まとめて手続き関係、終わらせないといけないですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

◼︎ こちらの記事もおすすめ!

【ブログで独立 1ヶ月目】収入、アクセス数、良かったことと悪かったこと

【ブログで独立 1ヶ月目】収入、アクセス数、良かったことと悪かったこと