なぜ、「焚き火」がブームになったのか?おすすめ焚き火台・場所も紹介!

なぜ、「焚き火」がブームになったのか?おすすめ焚き火台・場所も紹介! お出かけ
最近「焚き火」にはまってるんですが、ほんとに心が癒されます!
2017年、2018年あたりからじわじわと「焚き火」ブーム、来ていますよね!

キャンプファンが増えてきて、そのキャンプの醍醐味のひとつが「焚き火」だから人気がでてきたんだろうと思います。

僕も2017年の冬から「焚き火」にはまっていて、多い時で月3回くらいは友人と焚き火をしています

ここでは「焚き火」がブームになっている理由とともに、東京都内で手軽に焚き火ができる場所や、必要なアイテムなどなど、紹介していきます!

なぜ「焚き火」がブームになっているのか?

なぜ、「焚き火」がブームになったのか?おすすめ焚き火台・場所も紹介!2

「焚き火」の一番の魅力は癒し効果です。

炎を見つめているだけで、穏やかな気持ちになることができます。

細い木から焚き火を起こし、太い木を入れながら大きくする。動かして調節したり、作業に没頭して気づくと無心になっています。子供に戻って遊びに夢中になるんです。

火おこしに没頭して無心になれることと、炎の癒し効果がブームの理由の一つですね。

科学的にリラックス効果あり

実際「炎」のリラックス効果については科学的な根拠があるようです。

そもそも波の音、星の瞬き、風の吹く音、小川のせせらぎ、ろうそくの炎など自然界の音や風景は「1/fの揺らぎ」というリズムを持っているそうです。

これは「人の鼓動と同じリズム」と言われ、心を癒す効果があると言われています。

炎のゆらめきや、パチパチと木がはぜる音が、深いヒーリング効果を生んでいるんですね。

どうやって楽しめばいいの?

ここからは焚き火の楽しみ方を紹介していきますね。

大切なのは①焚き火グッズの準備と②火の付け方の二つです。一つずつ紹介しましょう。

焚き火グッズ一覧

焚き火グッズは以外とたくさんあります。が、心配無用です。

ホームセンターですべてまとまっているし、そんなに高価なものもありません。それぞれおすすめ商品のリンクも貼っているので参考にしてください。

焚き火台 直火(地面の上で焚き火をする)がNGの場所が結構多いです
焚き火スポットの敷地に木々が少なく、採集できなことがあります
トングー 木をだしたり、いれたり、炎を調節するのに重宝します
ライター 種火をつくるときに使います
手袋 火傷防止です
ナタナイフ ナイフで木をけずって補足して種火に使ったり、ナタで太い木を切るのに使います
椅子 火を囲むために必要です。地べたはぬれてしまうし、かなり疲れます
ヤカン コーヒーやホットワイン、熱燗などを温めるため。のんびりするために必要です
コップ 上記の通り
その他飲食物 ウインナーなどちょっとしたおつまみやすぐに食べられるお菓子があると重宝します
◼︎ 実際の火の付け方はこちらを参考にしてみてください。
初心者でもできる!この秋知っておきたい焚き火の基本10か条

近場で焚き火する場所ってあるの?

ここでは東京都内で、僕が頻繁に利用している焚き火スポットを紹介します。

郷土の森バーベキュー場

◼︎ 場所/府中市是政6丁目先多摩川河川敷
(郷土の森第1野球場B面横南側)
◼︎ 電話番号/042-364-7214
郷土の森公園管理事務所
◼︎ 案内/バーベキュー、焚き火可能
(近くには、水道やトイレもあり)
◼︎ 利用料金/無料
(どなたでも利用可能)
◼︎ 使用時間/午前8時から午後9時
◼︎ 休園日/毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始
※注意(使用手続き)
50人以上の団体で利用しようとする場合は、土曜日・日曜日、祝日を除く7日前までに公園緑地課管理係(電話:042-335-4312)へ申請して許可を受けてください。それ以外の場合は、手続き不要です。

良いところ

・目の前に多摩川が広がるリバービュースポット!自然を感じながらバーベキュー、焚き火が思う存分楽しめす!

・何と言っても無料で利用できるところ!予約もなし!

駐車場もすぐ近く、そちらも無料!これが本当に快適です。

東京都内なのでアクセス快適。さらに場所代もかからない!野球場が隣にあってそこの駐車場に車を止めてサクッと荷物を川沿いの広場まで持ち運びできる!これはバーベキュー、焚き火ファンにはたまらない条件ですよね。

悪いところ

・バーベキュー、焚き火用具、食材のレンタルなし

・駅から遠い、用具持参なので車でないと厳しい

・木々が少なく、薪の採集は無理

上記より、用具を持っている必要があります。初心者の方でも、持ち物や火の付け方等、参照いただき、独自にスタートすることも可能です。

◼︎ こちらのサイトに詳しい火の付け方が載っています!
初心者でもできる!この秋知っておきたい焚き火の基本10か条

おすすめのスポットやイベント

WILD MAGIC

東京の都心からも電車ですぐの豊洲にあるWILD MAGIC。「手ぶら」でBBQが楽しめるスポットです。中心部に火が焚かれたファイヤーピットがあり、焚き火気分を味わうこともできます。

TINY CAMP VILLAGE(タイニーキャンプヴィレッジ)

都心からもアクセスしやすい、厚木市のキャンプ場。デイキャンプでのBBQ、焚き火などの貸し出しも行っているので初心者にも安心。周辺には温泉やアスレチック施設もあります。

takibi fan

焚き火を用いてイベント、教育研修、プライベートなどなどを提供しています。公式サイトの焚き火イベント一覧ページで紹介、告知されています。

忙しい人は「見る焚き火」もおすすめ

前述したように焚き火の音や柔らかな火の光は心を癒す効果があります。時間が取れない、近場に焚き火する場所がないといった人はこちらの動画をどうぞ。

最近ではYoutubeでも「焚き火」動画がアップされ、200万、300万再生の人気動画も多数あるんです。

会社での休憩時間に、入眠前の癒しに、かけっぱなしにしておくだけでリフレッシュできます。おすすめ動画はこちら。

こちら↓↓↓は焚き火のパチパチした音とともに、しっとりとしたアコースティックギターのジブリメドレーが流れる動画。こちらはなんと約400万回再生されています!すごいですね。

まとめ

「焚き火」って本当に心が癒されんるです。炎を見ているだけで、悩みやストレスなどの煩悩が焼き尽くされて、心が浄化されていくんです。

一人でやすらぐ。友と深く語らう。ただ炎をつついて、火の粉を見つめているだけでも至福のひとときです。

もし今、心が疲れているのなら、絶対に焚き火はおすすめです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

◼︎ こちらの記事もおすすめ!

【日帰りで行ける関東のキャンプ場】バンガローやコテージがある家族向けおすすめキャンプ場

なぜ「サウナ」はブームになったのか?その効果・効能、仕事の悩みやストレスにも効果あり