あなたもそうかもしれない!?アダルトチルドレンの特徴と克服法

ストレス対策

みなさんは、「アダルトチルドレン」という言葉をご存知ですか?

アメリカの心理学用語ですが、近年、日本でも認知されるようになってきました。

つい先日、心理学に興味があったので、心理カウンセラーのセミナーに参加して「アダルトチルドレン」のレクチャーを受けてきました。

特徴を聞いて驚いたのですが、僕自身がアダルトチルドレンだったんです。

ここでは心理カウンセラーの方に教えていただいた、
アダルトチルドレンの特徴と、その克服方法を紹介していきます。

これを知ることで、自分の感情をより整理でき、
あなたの悩み、ストレスも、きっと軽減することができます。

あなたもアダルトチルドレンかもしれない

ここで主張したいのは「あなたもアダルトチルドレンである可能性がある」ということです。その理由は、日々の「怒り」「悲しみ」の背景に、家族の影響(育った環境)が色濃くでているからです。

そもそもアドルトチルドレンとは

発症はアメリカですが、日本では少し意味合いが異なります。それぞの意味を紹介します。

アメリカでは?

「Adult Children of Alcolics」の略称で、アルコール依存症の親のもとで育ち、成人した人々という意味です。

日本では?

1990年後半より、日本でも「アダルトチルドレン」の関連書籍が刊行されはじめます。日本での「アダルトチルドレン」は、機能不全家庭で育ったことにより、成人してもトラウマを持つという意味です。

Wikipediaによると、機能不全家族は、コミュニケーションが乏しい家族などがそのリスクを持つと記されています。みなさんの家庭のコミュニケーションはどうだったでしょうか。

大人になっても影響が残る

「アダルトチルドレン」は、成人してもなお育った環境、家族の影響が残っている人です。

アダルトチルドレンの人は、父親、母親の性格、言われたこと、されたことが、記憶に刷り込まれ、日々いただいている感情の原因になっています。

あなたは小さい頃、両親とはどのようなコミュニケーションをとっていましたか?

アダルトチルドレンの例

僕の場合ですが、父親が金融機関の重役を勤めていて、いわゆるエリートでした。「人から見て恥ずかしいことをするな」とよくいわれました。

親の指導が今でも色濃く残っていて、「恥」「世間体」「人の目」にはかなり敏感です。「恥」をかかされると激しい怒りを感じるし、世間的にも認められる学歴、経歴に執着があります。

大人になっても、子供の頃に言われたことが影響して(無自覚に)、感情をゆさぶります。

感情処理をして克服するべき

ここまで、両親の影響、育てられ方が、成人しても感情が生まれる原因になっていることを伝えました。

もしそれがポジティブな感情であれば変える必要はありませんが、ネガティブな感情でたえがたいのなら、変えていく必要があります。

なぜ、子供の記憶が残っているのか

そもそもなぜ、子供の頃の記憶が残っているのか、から説明します。

子供は親に対して、恐れを抱いています。体格、力、影響力など、どれをとっても親が勝っているからです。

そこで子供は、いつでも親の機嫌をそこねないようにしょうと、無意識に自分を抑制しているんです。

その時、身につけた抑圧を繰り返し、大人になっても親の影響を受け続けることになります。

そういう人は意外に多く、この人たちが「アダルトチルドレン」になります。

ではどうしたら克服できるのか?

改めて過去を振り返り、親に感じた感情を思い出し、処理(感情処理)していくことで、過去の記憶と心理的距離をとることができます。

そして徐々に克服に近づいていくのです。

変えるべき感情、変えなくて良い感情

感情にはそれぞれ役割があり、必要な感情があります。

感情の役割

◼︎ 恐れ:身を守るための感情。危険を回避するために必要

◼︎ 怒り:考えがことなる、自分の期待と異なるときの感情。衝動的な行動にでることも。

◼︎ 悲しみ:過去を引きずる感情。過剰に働くと危険。コミュニケーションを恐る原因にも(恋愛など)

このように感情にはそれぞれ役割があります。

身を守るためであったりもするので、感情そのものは悪いものではありませんが、コントロールが効かなくなった時は危険です。

慢をし続けてある日、突然、コップの水が溢れるように、感情がコントロールできなくなることは避けたいもの。

克服するための方法

Step1 思い出す

子供のころの、両親とのやりとり(会話、しつけ、出来事)を思い出して、その時にどう思っていたのか。

子供のころ、無意識に抑制していた感情を書き出します。

Step2 言語化する

Step1で思い出した感情が、どのようなものだったのかを正しく言語化します。

例えばまだ小学校低学年では、「苛立ち」や「嫉妬」などは判断しずらいですよね。

語彙力がなく、理解できなかった感情を、大人になった今、最適な言葉に変換する作業です。

Step3 口に出す

Step2までの整理を、誰かに聞いてもらいます。はじめは言語化は難しいと思います。

これをしっくりとした言葉にチューニング(自己一致させる)していくのです。

まとめ

✅ アダルトチルドレンとは小さいころ親に言われたこと、親の接し方などが記憶に残り、成人してもそれが原因で感情を揺さぶられてしまうこと

✅ 子供は、親への恐怖心で、感情を抑制しすぎてしまい、抑制された感情は心に深く刻まれてしまう

✅ 克服する方法は、過去を振り返り、その時の感情を最適な言葉で整理すること。感情処理ができる

✅ 口に出すことで少しずつ抵抗感がうすらいで、感情のコントロールでできるようになる

僕自身、アダルトチルドレンであったため、このワークを繰り返していこうと思います。

さっそく、その日から信頼できるパートナーに、幼いころのできごとを語ってみましたが、心がすっとしました。

もし、親の影響を色濃く残し、今もそれで苦しんでいるのなからこの方法は役に立つはずです。

ぜひ実践してみてください!

長くなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

最後に

このセミナーは、ストリートアカデミーというアプリで発見しました。このほかにもいろいろなマーケティングセミナーも開催されるので、ぜひのぞいてみてください!

個人や企業が主催する講座・教室・レッスン・ワークショップが21,000件以上
日本最大級のまなびのマーケット「ストアカ」

◼︎ こちらの記事もおすすめ!

なぜあの人との対話はうまくいかないのか?アンガーマネジメントで即解決!