【体験談】婚活イベントの選び方とおすすめのアプローチ法

お出かけ

僕は現在37歳の独身

去年あたりから、そろそろ結婚しないとやばいな…。と焦ってきました。周りが結婚、出産を終えた今、合コンや紹介といった出会いの機会も減っています。

そこで婚活イベント・パーティーに参加することに決めました。

そこから矢継ぎ早に10回ほど婚活イベントや婚活パーティに参加しましたが、はじめは全くうまく行きませんでした。

しかし、自己分析をして、参加するイベントや女性への接し方を変えることで、見事彼女をつくることができました!

誰にでもできるやり方なので、ここで紹介しようと思います!

自分に合った婚活イベントやパーティを選べば、絶対彼女できるよ!

婚活イベントで付き合えた理由

結論から言うと「好きなことを活かす」です。共通の仕事や趣味などがあれば、同じような人種が集まる可能性が高まります。

なぜなら、人は自分と同じ感覚を持った人を求めるからです。

ドライブをきっかけに話が盛り上がったから

僕の場合は、「ドライブ」でした。当初は外車の会社が主催する婚活イベントで「男女でドライブをして親睦を深めよう!」というものでした。(車の販促イベントの一貫)

当然、車が好きな女子が集まるので、車に詳しかったり、ドライブ好きだったりするので、比較的話もはずみます。

また、これから一緒にドライブするわけですから、どんな道を走るのか、どんな車に乗るのかなど、話題はつきません。

デートにも誘いやすかったから

婚活イベントが終わってから仲良くなった女の子と、デートをすることになりました。

もちろん、「ドライブデート」です。イベント時間中に、ドライブの話で盛り上がっているので、誘うのは簡単でした。

意中の女性との会話で登場したドライブコースやスポットに誘うといいよ!

婚活イベントの選び方

一番はじめに考えるべきことは「自分の好きなことや強み」です。

それを軸にして婚活イベントやパーティを選ぶんです。

繰り返しになりますが、人は自分と同じような人を好きになるのだから、同じような人が集まる婚活イベントやパーティを選べば付き合える確率が上がるのです。

趣味でも、仕事でも、学歴でも、資格でも、なんでもかまいません。だいたい3つ、4つくらいをピックアップして、そこから婚活系のポータルサイトを調べてみましょう。

TKK TRAVEL

女性へのアプローチ方法

重要なのは聞くこと!です。女性も、男性も、聞くことよりも話すことのほうが好きだからです。

ただ、大前提として「相手が喜ぶ質問をすること」が重要です。

どんな質問をすればいいの?

「好きなことや関心があること」がある程度似た人が集まるイベントに参加していることが前提です。

聞くべきことは「好きなことの深堀」です。質問の仕方の基本は「5W1H」と覚えてください。

5W1Hを意識した質問の例です。ドライブの話をしたのでそれを例にしています。

⭕️ いつから(どんな)車が好きなの

⭕️ なぜ、好きになったの?

⭕️ どんなところにドライブするのが好きなの?

記憶に残っている風景を聞いたり、これからどんな場所に行きたいかなど、幅も広がりそうですね。

会話が広がった時も、5W1Hを意識して聞いてみるといいですよ!

ポイントは「映像が頭で想像できるくらい」聞いてみることです。(もちろん、爽やかに!笑)

会話ドロボーにならないでね!詳しいことを熱弁するのが男性のわるいクセ

まとめ

✅ 自分の好きなことや強みを明確にして、それと近しい人が集まるような婚活イベントやパーティを選ぶべし

✅ アプローチでは「聞く」に徹する。テーマは「好きなことの深堀」。

✅ 質問力が重要で5W1Hを意識しよう。情景がイメージできるくらい聞くのがベスト

実践はできそうでしょうか?まずスタートは「自分と向き合うこと」からですね。

おすすめ本の紹介

最後に、自己分析をするならこちらの本がおすすめですよ。

SHOW ROOMというWEBサービスを展開する前田祐二さんの著書。前田さんは大学時代、膨大な時間をさいて自己分析を行い、夢ややりたいことを発見したそうです。その際、自己分析で活用した質問リストが「メモの魔力」の巻末に掲載され、好きなことを見つけたり、最適なパートナー(結婚相手)を考えるのにも役立ちます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

まずは行動!そしてぜひ、婚活を成功させてくださいね!