めんどくさい自己PR・志望動機は、プロのライターに任せちゃおう。

転職
志望動機とか自己PRって超めんどくさい。

何を書いたらいいかわからんし、書き方わからんし……

就活・転職の際に必要なエントリーシートや履歴書、職務経歴書って、書くのがめんどくさいですよね。その中でも指導動機や自己PRはとくに時間がかかりますよね。

書く内容を考えるのも、それを文章にするのもけっこう手間。そこであるとき自分は思いました。

そうだ!プロに書いてもらおう!

実際に、自己PR、志望動機の会社やライター(代筆屋などとよばれます)を探し、依頼することしたのです。

そしてなんなくステキな自己PR、志望動機をGET!!就職活動に多いに役立てることができました。

まずはググってみよう!

まずはGoogleのキーワード検索の結果が以下の通りです。以外と業者が多いことに驚くかもしれません。

ここでは「自己pr 代筆」で検索していますが、「志望動機 代筆」など欲しい文章にあわせて、「代筆」の手前の言葉を変えてみてください。

選ぶポイントは就職・転職に関する実績

検索結果で表示された会社のサイトを見てください。注目するべきは「誰が」書いているかです。

普通のライティングの会社、またはライターで、「志望動機や自己PRも請け負います」というところより、就職・転職に強い、実績が豊富な会社や人を選ぶようにしましょう

また、「何を書いたらいいのかわからない」ことに対して、どれだけヒアリングしてくれるのかが重要です。ヒアリングを重視している会社を探して問い合わせしてみましょう。

比較するのが大事

これが大きなポイント。問い合わせをすると熱く説明されると思いますが、「ではお願いします」といってはいけません。最低でも2〜3社には問い合わせてください。

◼︎ 会社を選ぶポイント

問い合わせするときはこのあたりを聞いてみましょう!くれぐれも安いからで選んではいけません。

Q どういう流れで書いていくんですか?
しっかりヒアリングからやってくれるのか。ヒアリング時間、やりかたはどのようなものか?

Q どんなスタッフが対応してくれるんですか?
担当する人や書く人(ライター)は、転職・就職の知識や経験が豊富かどうか。

依頼から完成までの流れ

ここでは一般的な自己PR、志望動機の依頼から納品(実際に文章をもらう)までの流れを説明していきます。

STEP1 ヒアリング

実際に作業するライターさんからヒアリングがあります。その内容は大きく分けて2種。

採用に応募する会社の概要

どんな会社を受けるのかによって、自己PRで書くべき内容はかわります。例えば営業であればコミュニケーション能力や責任感。クリエイティブ系の仕事であれば制作にたずさわった経験などが重視されます。募集要項をもとに、あなたのどんな特徴が、その会社にとって有益かを判断するのです。

依頼者(あなた)へのヒアリング

あなたの強みは?部活は?サークルは?そこで得た成功体験は?など、さまざまな質問に答えていきます。募集要項も考慮しながら、強みや長所を明確にします。(質問数、所要時間は業者によって異なる)

STEP2 制作開始

ヒアリングした内容をもとに、ライターさんが自己PRを制作してくれます。ヒアリングした内容を文章化する作業です。業者の忙しさにもよりますが、1週間〜2週間くらいでは完成すると思います。

STEP3 納品(修正)

ワードで文章が納品されてきます。実際に目を通して、自分の言葉に直したり、短く(長く)したり、微調整を加える必要があります。

2、3案つくってもらうのがポイント!

受ける会社が数社庭たる場合で、業界や業種が違うならば、自己PRや志望動機の書き方も大きく変わります。その場合は思い切って2、3案依頼してみましょう。(料金はあがってしまいますが)

罪悪感があるという方へ

でもなぁ、みんな自分で書いているのに。他人に書いてもらうなんてずるいかなぁ……

こんな風に思ってしまいますよね。僕自身そうでした。ですが、文章を書いてもらったら終了ではないんです。

完成品を自分流にアレンジが大事

納品された自己PRや志望動機を見るとわかるのですが、若干自分の考えとは異なる部分もあります。

「俺っぽい言葉づかいにしよう!」

「こんなことも付け加えよう!」

「もう少し短く(長く)してみよう!」

このように文章にアレンジを加えていくことで、自己PRや志望動機もより明確になっていきます。強みが明確になることで、入社を希望する会社に、どんな風に貢献できるか、さらに付け加えたりもできるのです。

このアレンジの作業を経て本当の完成です。より深く自分と向き合う時間にもなり、面接でいろいろな質問をされたとしても、自分の言葉で返すことができます。

まとめ

・自己PRや志望動機はプロにまかせよう!

・自分の強み、長所が明確になる!

・それを生かしてどのように貢献できるかも見える!

・納品された文章をアレンジしてクオリティUP!

実際これで書類選考は比較的通過しやすくなります。しかし、本当の戦いはそれからです。人気の企業だと2次選考、3次選考、筆記・課題試験など、いろいろなハードルが待っています。

だからこそ、はじめで時間を取られたり、つまずきたくないですよね。

サクッと依頼して、どんどんステップをかけあがっていきましょう!

【20代、30代向け】転職サイト比較・分析、転職エージェントについても