【体験談】Googleアドセンスの審査通過までにやったこと

働き方(副業)

ブログで収益化をめざすなら、Googleアドセンスは取り入れたいですよね。

自分もブログ開設後、まず着手したのがGoogleアドセンスの審査通過でした。僕が実際にやって通過した過程を紹介していきます。

Googleアドセンスの審査基準を調査

ネットサーフィンをして、Googleアドセンスの審査基準を確認しました。クリアする基準は単純明快でGoogleに広告を掲載するに値するちゃんとしたサイトであると認めさせることです。

基本もっとも厳しそうだな、という基準をクリアすれば問題ないだろうなという感じで取り組みました。

① 1000文字以上の記事を書く

現在Googleでは1ページの評価をする際に、文字量が関係していると言われます。

実際にキーワード検索すると上位表示されるのは、文字量が多いページであることが多く、それが評価に関連していることが伺えます。

3000文字が適度などともいわれますが、Googleアドセンスの合格を目指した場合、1000文字以上であれば問題ないです。

② 20〜30記事必要

ある程度の更新回数は、ちゃんと運営されている証となります。更新回数について何回以上というものはありませんが、20〜30(20〜30記事)という記載をよく見かけました。10記事という方もおられますが、1ページの文字量が5000文字など、多い可能性があると思います。

③ 待ち時間はまちまち

アドセンスに申請を送ってから、合格メールがくるまではかなり個人差があるようで、1週間でくる人から1ヶ月かかる人までまちまち。やきもきしますが、ここは吉報を待て、です。

厳しい基準で実行し、14日間で合格

①〜③まで説明してきましたが、その中で一番高い基準をクリアすることを目指して、進めていくことをおすすめします。

自分も実際、ブログ開設後すぐにアドセンスに登録し、1000文字以上の記事を20記事くらい書いたところで合格しました。だいたい14日くらいでGoogleから「おめでとう!メール」(※上記画像)がきました。

ブログは気長にやるもの。継続できる人が向いている

最小限でどうすればよいか、すぐ認定されるにはどうすればよいか。

結果を求めると急ぎがちですが、そもそもブログでの収益化は、会社を退職して全力でやっても3ヶ月〜6ヶ月はかかるとも言われます。長丁場で考えなければなりません。

初回の申請がダメでも次の月にやればいい。サイトを更新していくうちに、そのうち通るだろう。くらいの軽い気持ちで、継続を目指す方が懸命です。とはいえ、自分も2018年の11月にはじめたばかりです。

いっしょにがんばっていきましょう!