日本地図で有名な、伊能忠敬の子孫です。VOL.1

未分類

伊能忠敬の、孫の、孫の、孫です

ご先祖様は日本地図をつくった、有名な方ですね。伊能忠敬は若かりし頃から商材に長け、引退してから日本地図を作成し始めました。

当初は「地球の大きさをはかるため」。その第一弾として、当時はまだ無かった日本地図づくりの旅へ出たと言われています。

子孫の証

ぶっちゃけおばぁちゃんの遺言みたいなもので、特にないんですが….しかも、分家なんですが…。いちお、ちょっとだけDNAは入っているようです。

伊能家は千葉県の旧佐原にあり、我が実家もそのすご近くでした。おそらく同じような分家の家族はあるので、同じような子孫が50人くらいはいるんじゃないかな…。よくわからないですが。

じいちゃんの祖母(ややこしいけど)が、伊能家の方でした。女系ってやつですね。

子孫っぽいところ

小さい頃からやたら地理がよくできました。小学生の頃はまいにち地図を眺めていて、朝自習の読書の時間も地図を読んでいたほど。

世界の国々の名前しばりで、しりとりをする、という非常にマニアックな遊びをしていました。

イギリスの正式名称はご存知ですか?グレートブリテン及び北部、アイルランド連合王国(現在は改称)ですよ。

日本国内も大好きで、小4くらいでは日本地図を書いて、県を記入したりしていました。産業や農業、特産品とかも調べたり、とにかくマニアックな子供でした。

地図、地理が得意な自分を見て、母から伊能忠教の子孫であることを言われ、祖母に言質を取った次第です。

子孫っぽくないところ

めちゃくちゃ方向音痴です。右へ曲がって、左へ曲がると、方位がまったくわからなくなります。じゃぁ、星を見て、というご先祖の声が聞こえますが、残念ながら東京の夜空は星がない。

という感じで、地図は好きでしたが、土地感や方向感覚は全然ダメです。

あと、ご先祖は地図を作る以前に、非常に数字にたけていて、商才もあったようです。商いで成功したのち、余生を地図作りにあてています。

残念なことに、僕は数字にはすこ〜し強いですが、商才はまったくといっていいほどないです。

もしいま、どこかの会社の社長になったら、間違いなく1年後につぶします。ってくらい、自分ではポンコツかなと思っています。

子孫としてどうあるべきか

結構これについてはよく考えます。伊能忠敬の子孫だから、やっぱり地図に全力を注いていくべきか。

例えば、ブログを書くにせよ、地図に特化していろいろ古今東西の地図を集めたり、ネットで有益なマップを集めたり、もしくは「温泉マップ」のような独自のマップを開発したり。

いろいろできそうだし、やりたいなって思っています。地図コンテンツ。今後頑張って作ろうと思っていますので、乞うご期待。