【男性向け】彼女とうまくいっていない時に考えることと、その解決策

未分類

最近、彼女とうまくいっていない。

自分は本当に彼女に愛されているのか。彼女を愛しているのか。

好きか嫌いかで悩んだり、相手の気持ちをうたぐってしまったり。振り返るとそんな悩みを抱え続けて、結局別れてしまうというケースがいくつかありました。心の状態を考察して、どうしたらカップルがいい関係を築けるのか。少し考えてみました。

恋愛で自分の心に何が起こっているのか

反応が悪い=嫌われている、飽きられたのかもしれない

ちょっとLINEの返事が遅かったり、その内容も簡素だったり。それが数日間続いたりすると、まず「相手のことを疑う」ようになります。勝手に、あの時言ったことが影響している、それできっと冷めた。怒らせたことがいけなかった。などなど、自分でいろいろな理由をつけて、ネガティブな感情を増殖させていくんです。結果、こんなに辛いならもう別れよう、直接このまま関係を続けるのか、相手に聞いてみようという発想にいきつきます。

彼女の悪いところばかり思い出し、嫌いになっていく

ライフスタイルが全然違うし、遊び方や服装、料理の味付け、些細な者の言い方が気にくわない。小さな「嫌いなポイント」をどんどん思い返します。関係がうまくいっている時は、全く気にならなかったことまで、嫌いなポイントとして加算され、どんどんポイントは加算されていきます。好きなところや感謝していることが、嫌いな気持ちに覆い隠されていきます。そして徐々に別れを意識するようになっていきます。

実は全然合わない相手かもしれない。別れるタイミングを探す

嫌いなところを意識しづつけ、別れを考え、最後にその自分のネガティブな感情を「正しい判断なんだ」と言い聞かせ始めます。で、別れのタイミングはいつにしよう。自分から言おう。苦しみから逃れようというマインドに毒されていきます。相手の気持ちをおきざりにして、どんどん別れへと進んでいきます。

こんなときどうすればいいの?

彼女を待つこと。決して先走らないこと

関係が悪い、うまくいっていない時は、不安や不満に耐えきれず、先走って彼女に別れを告げてしまったり、心無い発言をして傷つけてしまったりすることが多いです。自分の気持ちをぶつけるのは、彼女の考えを聞いてからでも遅くはありません。

むやみに傷つけ、別れてしまうと、結局あなた自身が傷を負いかねません。大いなる後悔に苛まれ、ひきずってしまうかもしれません。ちょっとした言葉で人生は変わる。恋愛でこそ、これを実感します。先走った言動や行動はどうか、つつしんでください。本当にいいことは何一つありません。

彼女に会うこと。そして話すこと

スマホを使ったやりとりでは、思いが伝わらなかったり、返事を待っている間にネガティブな気持ちが高まって誤ったメッセージを送りつけてしまうことがあります。また電話もダメです。相手が目の前にいないと、感情がもろに出てしまうので、冷静さを保つのは難しいです。まずは会って話すこと。

自分で「嫌い」「合わない」を増殖させしまっていますが、実際に彼女がどう思っているのか。合わない、にしてもそれが解決できることなのかどうか。それは直接会って話し合わないとわからないし、話すことで解決することも多々あります。ここで気をつけたいのはまず「彼女の話を聞いてあげること」です。自分の気持ちはある程度はわかっていますが、それが正しいのかは、彼女がこれまでどう考えてきたか。それを聞くことで気持ちが変化することは大いにあるし、間違った考えにも気がつくかもしれません。

また、特別な例ですが、なにか大きな問題やトラウマを抱えていて、それが原因の場合もあります。とにかく話して、しっかり聞くことです。

おわりに

実は僕自身が今、彼女とうまくいっていない状況でもあります。自戒の念も込めて、この記事を書いてみました。「ねぇ、ほんとに俺のこと好きなの?」「じゃぁ、もう別れよう!」そうLINEで送ることは簡単なことです。逆に、このような状況だと、彼女の返事を待ち、言葉に耳をかたむけることは非常に困難です。けれども、先走り厳禁です。

相手は他人、自分とは全く違う考えで動き、それは全く想像つかないこと。

これをベースにしておかないと、あらぬ妄想で判断を誤ります。まだ付き合っている状態であるのなら、いい関係に戻れるように修復を計りましょう。

思い出してください、先走って別れてきたこと、多くはありませんか?立ち止まる、彼女を待つ思いやりを持ちたいものです。自分も、これを読んでくれたみなさんの、幸せなカップル生活が続くことを祈っています。