薄毛・ハゲの原因は、毎日のシャワーとシャンプーにあった!?

未分類

薄毛にお悩みのみなさん、毎日使っているシャンプーが薄毛の原因になる可能性があること、ご存知でしたか?ここでは、シャンプーが頭皮や薄毛に及ぼす影響と、育毛を促すシャンプーの選び方を紹介します!

まずは4,200万人が薄毛に悩むという現実

ある調査によると「薄毛に進んでいる」と感じる人は4,200万人にのぼるといわれ、成人者の半数が薄毛に悩んだり、心配しているといわれています。この薄毛の原因ですが、実は毎日使っている「シャワー」や「シャンプー」にも、薄毛の原因が多く含まれていることがわかってきたんです。

■シャワーに含まれる塩素は髪に「毒」!

水道水に多く含まれている塩素。実はこれこそ髪にも頭皮にも毒になる成分だったのです。そもそも塩素は水道水の病原菌を殺し、消毒するもの。その効果は非常に強く、水道水で髪を洗った場合、ほんらい髪の毛に必要な善玉菌まで殺してしまい、頭皮の環境を悪化させる原因になるのです。

■水温も原因の一つ。高温シャワーは控えめに。

高温で髪を洗うと皮脂を奪ってしまいます。「皮脂をきれいに洗うのがよいのでは?」と思いがちですが、皮脂は頭皮を守るために必要なもので、皮脂が不足すると頭皮が傷ついたり乾燥して、薄毛の原因になってしまう可能性もあるのです。

■「白いシャンプー」には要注意!

上記で説明した通り皮脂の取りすぎにはご用心!シャンプーに含まれている合成の界面活性剤は洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。また、界面活性剤には発毛の妨げになる毒性が強い成分も含まれているのです!界面活性剤が入っているかを見抜く一つの方法は「色が白い」かどうか。みなさんの自宅シャンプーは何色ですか?

◼︎ 今日から実践!自宅でできる育毛の5ステップ

◎ 塩素を除去するシャワーヘッドに!
◎ 設定温度は35~36度のシャワーで!
◎ もちろんシャンプーは透明なもの
※ できたらアミノ酸シャンプーを
◎ 風呂上りにはマッサージ!
※ 耳たぶひっぱり、眼球回し、頭皮ほぐし
◎ 3か月の継続が大切。ビフォアアフターも楽しみ!

■ 今は大丈夫…そんなあなたもご用心!

親が剥げていないから大丈夫。むしろ髪が多くて困っている。そんな方々も多くいるでしょう。しかし水道水でのシャワーを続けて塩素が増えたり、悪い成分がはいったシャンプーを使い続けると、ある日コップの水がこぼれるように髪が抜けていく、薄毛になっていくものです。徐々にではなく、ある日突然……。そう、薄毛は国民病ともいえる花粉症の発症にとてもよく似ているのです。自分は大丈夫!そんなあなたにも薄毛の危険がせまっています!

◼︎ ワンポイントアドバイス!食生活の改善で育毛促進

育毛に必要な栄養素は「たんぱく質」です。一般にワカメを食べると髪が増えるなどといわれますが、ワカメにはたんぱく質がほとんど含まれていません。たんぱく質をとるなら大豆などの豆類がおすすめ!この栄養素を効率よく体に吸収させるため炭水化物、ミネラル、ビタミン、脂質の接種=バランスのいい食事を心がけましょう!