退職・転職を決める前に考えておきたい5つのポイント

退職・転職を決める前に考えておきたい5つのポイント ストレス対策
退職・転職を決める前に考えておきたい5つのポイント

今の時代、一つの会社に就職して定年までそこで勤めつづけることはちょっと考えにくいですよね。自分も30代後半ですでに4回の転職をしてきていますし、まわりの友人、知人を見ても、転職をしたことがない人はほとんどいません。
ただ、転職をすることが正しいというわけでは決してないと思っています。
面接だけではわからないことは多いし、転職して失敗したな。こんなはずじゃなかったという話も耳にします。
ここでは転職を決断する最終段階で、ちょっとだけ気をつけてほしいことをまとめてみました。

◼︎転職後の環境の変化はたいへん

転職前って、これから務める仕事先への夢が膨らんでいる時期。面接でいろいろ話したから、と思ってしまいますが、面接官はまだあなたのことを「お客様」として考えているケースが多いです。大げさかもしれませんが、あなたを獲得したいという気持ちが相手側にあったのならば、かなりもてなしている状態にあります。面接官=職場の人々、ではないのです。実際は怖い先輩もいます。扱いにくい後輩もいます。もしかしたらライバル視してくる同僚もいるかもしれません。
そういった新しい職場の「人間関係」は、慣れるまでそうとう大変です。半年くらいかかる、でちょうどいいと思います。

◼︎ 仕事はゼロベースを覚悟する

業界や業種が同じだから、とたかをくくってはなりません。同じような仕事でも、会社や一緒に働くスタッフが変われば、それはまるっきり異なるのです。
特にこれまで転職してきていない、専門職だから特別なポジションだった、ベンチャー企業(中小企業だった)という方々はご用心
会社によってルールはまったくことなり、仕事のはじめかた、段取り、クライアントとの関わり方、社内営業、どこまでを担当するのか、誰と仕事をするのか。それは全然違うのです。
これまで自然に仕事ができたと思うので、ルールがちょっと変わるだけでもかなりストレスになることがあります。例えば、制作系のお仕事だと、クライアントと直接やりとりしなくてはならなくなった。営業もしなくてはならなくなった。制作の仕事は外部でまったく作業ができなくなった(やりたい場合は注意)などなど。
そういったことは面接の時点でわかるでしょ、って思ったりするものですが、そのすりあわせってほんとうにできていますか?先入観やきっとこうだろう、入っていませんか?あなたのあたりまえをうたぐってください。となりの会社は外国くらいのつもりでちょうどいいと思うんです。
入ってから楽をするために。後悔しないために。転職面接の際は、ゼロベースで仕事の話を聞いてみましょう。

◼︎ 給料ですが「転職後のストレス分」は盛ってある?

ある転職エージェントにいわれてハッとした言葉。

「転職するなら給料2割増しを基準にするといいですよ。だって入ってからめちゃくちゃ苦労しますから。その苦労が上乗せされていないと」

この意味、転職するとよ〜くわかります。疲れますからね、本当に。年収2割くらいアップしていないと割に合わない、ってことです。例えば内定先に入るかどうかまよったとき、焦る気持ちにブレーキをかけてくれる、魔法の言葉です。

◼︎ 今の職場で異動、昇給など相談はできないか

これ、みなさん相談してみましたか?できたら人事部ですが、いなかったら上司や先輩に。ほんとに生活がきつくて……というオーラを出しながら、思い切って相談してみるのはありだと思います。ほとんどに人が相談もせず、あきらめているのではないでしょうか?
自分の場合は結構多かったように思います。やっぱり勇気を持って相談して、結果今の環境で待遇ややりがいがアップするのが一番楽なんですよ。会社を変えることでよくなることはもちろんあるんですが、今の職場の環境を変えることで激変することも多々あるんです。異動を機に生気を帯びて活躍し始める人っているんです。給料があがるだけで、すべての悩みが消えることもあるんです。

◼︎ 留まるも、転職するも、無理はしないで

無理をして今の会社に留まる必要なんてありません。

無理をして転職する必要なんてありません。

転職に失敗してもあなたに責任なんてありません。

「健全な精神」が一番大切です。ほんとうに嫌なら会社から逃げたっていいじゃないですか。仕事を放棄してもいいじゃないですか。
これまで仕事で精神を病んでしまった人を何人も見てきましたが、ある日を界に人生がガラッとかわっちゃうんです。普通に働けなくなっちゃうんです。そうなる前に自分に救いの手を差し伸べてあげてください。大丈夫です、人口はこれから年に50万〜100万人くらい減っていくんです。職がなくなることはありえないし、ありがたいことに日本には生活保護や離職手当もあります。人によっては実家に戻る選択肢もあることでしょう。

70歳まで働くのですから、小休止をしたり、少し後戻りしたっていいと思うんです。(と、自分に言っているんでしょうか?笑)

迷ったら先人に聞け。情報収集いろいろ

一人で答えが出ないことも多いですよね。迷う時間があったら、それを情報収集に使ってみてはいかがでしょう?高評価の転職本を列記しました。じゃんじゃんネットサーフィンして、自分の感覚で「これ、いいな!」を探してみましょう。

◼︎ 転職を考えるならまずこの記事を

未経験でも大丈夫!ライターへの転職を成功させる秘訣

【20代、30代向け】転職サイト比較・分析、転職エージェントについても

◼︎ 仕事の悩みやストレスに効く記事

仕事のストレスや悩みを「サウナ」で解消させよう!

林修先生の名言集で、仕事の悩みやストレスを解消しよう

仕事の悩みやストレスの解消に。おすすめのTwitterアカウント

仕事の悩みやストレスを忘れさせる【アドラーの名言集】

なぜ「サウナ」はブームになったのか?その効果・効能、仕事の悩みやストレスにも効果あり