日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」 未分類
H.I.S.

ある年の11月、沖縄県の離島「波照間島」に一人旅をしてきました。感想は超最高!!!!
一人でも多くの人に波照間島へ行って欲しい、観光、宿泊して欲しいと思うので紹介しようともいます。
まずは拠点とした宿「たましろ荘」からご紹介。この「たましろ荘」を拠点にして海へ、散歩へ、夜の星空観測へと繰り出しました。今思い出しても最高の思い出!

琉球民家の味わいにあふれる「たましろ荘」

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

波照間島のオススメ宿「民宿たましろ」。いくつかのブログで「日本一汚い」などと言われる様に”本当に汚い!”というか、ごちゃごちゃ〜。

ただ、実際に行くと、建物の古さや汚さがが「琉球の味わい」にも思えて、以外に気にならないのです。(男だからかも)

で、こちらが室内。

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

ですが、日常を過ごすコンクリートの綺麗なオフィスやマンションとのギャップが激しいためか、まるで実家に帰ってきたような気分で、癒されました。

海まで自転車で5分。最高に美しい「西浜」へ

まだ時間があるので自転車を借りて、海へ繰り出しました。「たましろ荘」から海へも自転車で5分なのでとても便利です。その海がこちら。

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

ひかえめにいって最高でした!

西浜というビーチで、日本一の浜と言われることもあるほど。コバルトブルーの海がどこまでも広がり、少し奥には珊瑚礁も。たまらない美しさでした。シュノーケルでたっぷり、美しい海を堪能してくださいね。

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

そして自転車に乗って、日本最西端のあの場所へ。道すがら美しいハイビスカスにも出会えます。

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

この場所で1時間もぼ〜〜〜〜っとしていました。
いつまでも眺めていられる。時間の流れをただただ楽しむ。贅沢な時間でした。
そして時間も夕暮れ時に。「たましろ」にもどっていよいよ夕食です。

H.I.S.

昼は海、夜は「ゆんたく」

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」
こちらが、波照間島のおすすめ宿「民宿たましろ」のテラス席です。ここで毎晩、「ゆんたく」のひとときを楽しむのが、たましろスタイルです。

◼︎ ゆんたくとは
簡単に言うと宿泊客といっしょにワイワイガヤガヤ、飲んだり歌ったり。楽しい交流を過ごすことを意味します。

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

ドーーーーン!写真では伝わりきらないかもしれませんが、信じられない分量でした。

あまりにも量が多いことと、少しでも交流を楽しんで欲しいというご店主の思いがあって夕食の時間は「3時間」でした笑

その日は、岩手県からお越しのおじさまと、長く語らっていました。毎年1度は波照間島の「たましろ荘」で長期休暇を過ごすとか。

岩手の寒さや、そこでの日常生活など、とりとめもない話ですが、お酒も入って大いに盛り上がっていました。気がつくと3時間が立っていたほど。「ゆんたく」とても楽しかったです!

波照間島の星空は日本一の風景

「ゆんたく」がおひらきになった後は、宿を出て星空観測へ。波照間島では「日本一の夜空」が堪能できます!

さすがにスマホでは撮影ができませんでした。これはイメージ画像ですが、冗談抜きでこんな感じです。
みなさんもぜひ「波照間島」へ行って本物をみてみてください。そのときはぜひ、「たましろ」を利用してくださいね!

日常のストレスが吹っ飛ぶ!波照間島のおすすめ宿「民宿 たましろ」

◼︎ たましろ荘
住所:竹富町波照間539
TEL:09808-5-8523
アクセス:空港、港への送迎あり
食べログサイト:
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470502/47007459/

H.I.S.