豆の栄養成分はスゴい!美容、健康、ダイエットに効果的

未分類

豆は栄養成分が豊富な「畑の肉」

大豆には人間の体に必要が栄養素がギュッとつまっており、「畑の肉」などと形容されることもあります。その栄養素と健康や美容への効果を紹介します!

炭水化物、タンパク質、ビタミンが豊富に、一気にとれる!

健康に欠かせないのは、必要な栄養素をバランスよく摂取すること。
そこで、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が含まれた豆類がおすすめなのです。例えばこんな感じです。

<< 豆類の栄養素 >>
・主成分は炭水化物
(体や脳に欠かせないエネルギー)

・ミネラルが豊富、カルシウム、鉄、亜鉛など
(丈夫な骨や歯をつくる)

・必須アミノ酸、リジンやスレオニンなど
(子供の脳の発育に不可欠)

まさに栄養素の宝庫。さまざまな豆類を組み合わせることで効果も高まりそうです。

ガン、心臓病、動脈硬化など、病気予防にも。

豆類には、食物繊維が大変豊富に含まれています。そんな豆類を豊富に摂取することで、腸内の有害物質が早期排出されれば、大腸ガンの予防にもつながるとされています。

また豆類にはそれぞれ色素がありますよね。味も、苦味、渋みがあったりしますが、これらは”ポリフェノール”由来のものです。このポリフェノールは、動脈硬化、心臓病の予防、発ガン性物質の活性化予防、免疫力の増強など、さまざまな効果が明らかになってきました。美味しく豆類を食べる続けることが健康維持につながっているのです。

<< 「ごぼう」(ゆで)の食物繊維含有量 >>
水溶性食物繊維0.8/不溶性食物繊維3.4

<< 「あずき」(ゆで)の食物繊維含有量 >>
水溶性食物繊維0.8/不溶性食物繊維3.4

<< 「いんげんまめ」(ゆで)の食物繊維含有量 >>
水溶性食物繊維1.5/不溶性食物繊維11.8

※可食部100gあたり、単位:g
※【資料】日本食品標準成分表2015年度版(七訂)参照

 

食物繊維が豊富だからダイエット効果も!「大豆」と「インゲン豆」がおすすめ

「食物繊維」といえば、ダイエット効果があることでも知られていますよね。

▪️ 食物繊維を豊富に含む食材の恩恵
食べるためによくかむので=食べすぎを防げる
腸内の善玉菌が食物繊維をエサにして短鎖脂肪酸という物質を作り、この短鎖脂肪酸が血液中に出ると、脂肪細胞が脂肪をため込むのを防ぐので、太りにくくなる。

参照元:『日経Gooday 30+
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO08815730W6A021C1000000

こんな食物繊維が豊富に含まれた豆類はヘルシーなダイエットの強い味方なんですね。その中でも「大豆」と「インゲン豆」がおすすめです。この二つには糖質がほとんど含まれていません。さらに食物繊維はごぼうの2倍!さつまいもの3倍も含まれているのです。

おいしくて、美容と健康にうれしい豆類。ぜひ積極的にとっていきたいですね!!